天皇賞(秋)は木曜日に馬番が確定しており、金曜日から発売。
1日でも先に馬番を決めて貰えるのは有り難いし、予想も出来ますよね。
であれば、俄然馬券も買う気になる。
感謝の意を表して、後で金曜日発売の紙馬券をWINSに買いに行かねば。

東京11R アルテミスS

ちゃんと世界史覚えています?
アルテミス(Artemis)はギリシャ神話。
これがローマ神話になると、ディアナ(Diana)になります。
なんてのを思い出した。

アルテミスステークス 過去成績

色々とやり方はあるだろうけれども、今回はこれで。
少し馬主別に

1番人気は6・フォラブリューテ想定です。
C・ルメール騎手で、キャロットFのエピファネイア。
エピファネイアと言えば、キャロットF。
…というのが↑の記事でした。
実際に新馬戦をみると。
t1
牡馬に関してはエフフォーリアで早々に当たりを引きました。
その前の年は、牝馬がメインで1番馬はシーズンギフト。
単勝オッズ1倍台での勝利でしたね。
そのオッズでの勝利は、翌年がエフフォーリア。
で、今期の牝馬はしっかり8月にデビューが出来て、オッズもしっかり1倍台が2頭。
フォラブリューテとソネットフレーズ。
特にソネットフレーズは今年2日間しか新潟で騎乗しなかったC・ルメール騎手を確保してのもの。
次走が楽しみですね。
更に、2頭とも圧勝でした。
牝馬での圧勝はもう1頭、グランデレジーナもおり、確かに相手次第ではあるものの、この陣営のエピファネイアで圧勝は今期の牝馬3頭が初です。
大分こなれて来た感がり、ディープインパクト、キングカメハメハの次を狙える可能性も高まってきたなと。

6・フォラブリューテ
t2
HB◎で後半1位、追い切り評価も「B」が入っており、間隔も充分空いてます。
現代の競馬のセオリー、ど真ん中って感じですね。

内枠の2頭はこんな
1・シゲルイワイザケ
2・ベルクレスタ
t3
1・シゲルイワイザケは「シゲル」でノーザンF馬と普段とは違う様相。
初戦から馴染みの無い福永祐一騎手が騎乗しており、今回も同騎手を確保です。
新馬、未勝利からの馬ばかりの中で、唯一前走特別レース出走というのも大きい。

2・ベルクレスタは、前走が未勝利で圧勝。
このレース、未勝利からなら圧勝くらいは欲しいオプションではあります。
2走続けて上がりは1位だし、同じくデビュー戦からずっと松山弘平騎手。
8月中に勝ち上がっての、休み明けも良いですね。


◎6・フォラブリューテ
〇2・ベルクレスタ
注1・シゲルイワイザケ

3連系ならもうちょっと付け足しますが、中心は上記の3頭で。


前半印

だけ、で考える事もたまには出来る。
例えば、特定の競馬場に根を張る騎手で見ると…。

新潟 亀田温心騎手

今開催の成績を「前半」印順に並び替え
・芝
t1
「注」までなら全部OK。
それ以外は無視しても良いかもですね。

・ダート
t2
ダートだと人気ですが、ここでも「注」までなら軸で。
それ以下の印であれば相手に。


東京 内田博幸騎手

芝は全消しで望みます。来たら…もうそれは事故事故。
今開催のダートを同じく「前半」順に。
t3
なかなか強烈な結果。
「前半」印が入っていれば、それだけで買いです。
圏外に飛んだのも、行けなかった時のみ。
ダートで行けたら神レベルですね。
これに並べるとしたら、高知競馬場の宮川騎手の4角先頭ぐらいしか無いんじゃないかな。