今年もいよいよラスト1ヶ月。
もうすぐ年末・年始の気分に浸れそう…な折り、まだまだコロナも治まらないこのタイミング、そんな事とは関係なくウクライナではロシアを軍事衝突しそうな雰囲気。
ウクライナって普通に日本で暮らしている限りは地味な国という印象。
あまり、というか、殆ど何の関係も無い感の国です。
典型的な「詰んでる」国家です。
これは世界史を取った方なら誰でもイメージ出来るあれ。
場所的に、ゲームスタート時点で終わっているな…の土地です。
個人的にアウトだと思ってる地域は、まずアフリカ大陸。
ヨーロッパの下にあって、ヨーロッパのオモチャにされていた土地。
次にアカンのが、ヨーロッパとアジアの間の国々。
どちらもヨーロッパ絡みですね。
ウクライナは右にある、ロシアと国境を接している国。
そのロシアと紛争待ったなし…な今。
ヴァイキングにやられて、モンゴルに潰され、東欧とロシアに食われて…となかなか激しい歴史はありました。
そんなウクライナで誰もが知っているとしたら、チェルノブイリ原発事故でしょうか。
いや、違うな。
オデッサの方かもですね。
なのできっと遠い未来、人類がモビルスーツを開発出来るようになった時に今度は水爆が落ちてくるという…。
開発間に合うと良いのだけれども。


土曜日はどうしましょ。
特にコレってレースは無いなあと。
重賞だと阪神のチャレンジCは…んー?モーリス?
ステイヤーズSにいたっては、まだ出馬表すらみていません。

関東は開催変わりで中山競馬場。
騎手的には空き巣状態で、決め打ち出来そうな感。
阪神はC・ルメール、福永祐一、川田将雅騎手とトップ3人が揃っているので、予想しやすいけれども配当は厳しそう。
中京は、滅茶苦茶になりそうですね。
ここは当日オッズ見ながら、展開を考えて…で配当獲りに行くような場だと思う。

方針としては…
先週に引き続き、父名ならドゥラメンテ、モーリス。
中山・阪神の下級条件のダートでチマチマとやりくりする。
HBリスト上位、ハイブリッド指数で素直に決まりそうなレースは多そうです。
そこで浮いた分を中京で散財。
阪神最終の11・ディアノイアに全てを託す。
・・・ってところかな。

中山1R

t1
8・ベニッシモ

HB◎で三浦皇成騎手。
開催競馬場変わりで、同騎手にまとわりついていたイマイチ感はリセットされ…たはず。
中山ダートでの複勝率は40.3%と赤文字表記だし、伊藤大士厩舎とのコンビでも44.4%と両方高い値。
それに騎手名の右にある数字は中山ダートでの勝ち数リーディングですが、これが1桁台はこのレース、11・ショウナンタイジュの石橋脩騎手との2人のみ。

割って入れる馬も、ドゥラメンテの5・リュージュブラゾンは小島茂之厩舎。
完全に芝厩舎の芝→ダートで、あまり期待も出来ず。
15・カリュウは武藤雅騎手が今年は不調で90戦くらい勝てておらず。
デビュー以来、勝ち数は今年が最低になりそう…ので減点1。
父アジアエクスプレスの芝→ダートも、これくらいの馬だと掲示板前後辺りが多くて、ギリ馬券外だったりします。

と、ワイド1点しか買うつもりないので、上の2頭が気になる方が3連系でどうぞ。
そして。
このワイドの8-11が仮に当たったとしても非常に安いのは最初から分かっております。
ので、そのまま阪神1Rへ転がす。


阪神1R

t2
9・ニューダイアリーズ

前走はジュタロウの2着で大差負け。
ですが、それでも3着馬には10馬身つけておりました。
自分から動いてのレースでしたし、今回は印も充分。

7・アクティブバイオはHB〇で、同じく前走では大差負け。
勝ち馬は1.1倍でしたし、今はそろそろ順番に勝ち抜けていく期間。
前走勝ち馬レベルの馬はおりませんので、繰り上がりの評価ですね。

ワイド1点で2レースとも上手く行ったら、1回遊ぶ分くらいにはなっていて欲しいものです。
もしそうれであれば。

中京2R

ここでは普通の馬券を。
t3
2・ミアステラ
残念です…。
国分騎手なら3着固定で良かったのに、乗り替わってしまいました。
こうなると着順が読めませんね。
出遅れる可能性はそれなり、なので、またもや内枠はマイナス。
HB◎で、父ドゥラメンテで加点は大なので、ちょっとしたマイナス分はチャラ。
更に、追い切り評価も「B」が入っており、古川吉洋騎手のマイナス分もチャラ。
また、過去走で「詰脚」で0以上があるのが同馬と、3・スタローンのみです。
道中2つくらいミスがあっても、これなら間に合う想定。

3・スタローンは吉田隼人騎手+武幸四郎厩舎。
騎乗回数40あって、コンビでの複勝率が45%なら、相手としては悪く無いですね。

t4
12・シゲルユキミザケ
7月の芝1800mに使えたのは良いですね。
そこから間隔を空けてダート替わり。
父ラブリーディは種牡馬印で「DA」と配当要員として使える。
し、母名みたらもうコレ買うです。
チュウオーサーヤ、ふふふ、グァンチャーレの下ですわ。

あとは、残りのドゥラメンテやモーリス、印やらで追加してこんな。

◎2・ミアステラ
〇3・スタローン
注12・シゲルユキミザケ
注7・ギミーアワーズ
△4・タイクーン
△5・スマートウェリナ
△8・ディサイド


これで1ターン目が終了。
と、3回も上手く行くのか?は、競馬だしね、そんなに甘くは無いでしょうね。
でも大丈夫。
まだ2ターン目がある。

阪神3R

t5
7・ダノンフューチャー
7・ダノンフューチャーはHB◎のドゥラメンテで、鞍上も岩田望来騎手。
2走続けて「詰脚」パターンは「黄色・緑」と超安定。
その分、単勝オッズも余裕の1倍台でしょうけれども。

8・サハラは「推定前半3ハロン」の前後半の順位が7・ダノンフューチャーが逆になっていますね。
勝ちに行ったら、そりゃあ負けるし、後ろの馬にも交わされてしまいます。
同馬にとってベストなら、間に3・タイキモンストルが入ってくれている形でしょう。
今回の鞍上は幸英明騎手なので、ハナ切ってくれるまでありそう。
その外にダノンフューチャーが付けて、後ろにサハラ。
こうなってくれれば。

7-8のワイドが全く買えないオッズであれば、5・ラニカイを足しての3連単を。


と、まあ、こんな感じでやっていきます。
同じパターンばかりなので、書いてて飽きた!
馬個体よりも、印と鞍上と父名寄せですね。
普段なら配当的に安くて買えない目ではありますが、明日の昼までだとどうせそんなレースばかり。
ので、適当に転がしていけば良いかなと。
土曜日はホント、そんな日なんですって。