長いゴールデンウィークも明日で終了です。
きっと、暫くの後にコロナの感染者数が上がってしまう…。
せっかく競馬場の入場規制も緩和されて、予約数も7万枚まで枠が広がって、あと一歩で規制なしになりそうなのに。
でも、もう、後戻りは出来なさそうですね。
海外からの旅行客も受け入れるようになるし、何より…いい加減コロナ飽きた!のムードだし。

そして、久しぶりにケンタッキーダービーの日本発売。
海外のレースだし、ドバイの時もそうでしたが、多分1番良いのは馬連で相手全。
オッズ的にそれが手頃な感。
テイバでも買おうと思っていたのだけれども、日本だと3番人気なんですね。
ホワイトアバリオにしておこかな。

東京11R NHKマイルC

NHKマイルカップ 過去成績

なかなかに選ぶのが大変そうなレース。
NHKマイルCはこんな特徴があったりします。


↑の通りだと、1・マテンロウオリオンが該当。
t4
HB(ハイブリッド指数)印は無印でも7位、後半(推定前半3ハロン)印は〇の2位
…と思っていたのですが、1枠引いてしまいました。
NHKマイルCでは全然よろしく無い。
し、馬自体も難しそうなタイプです。
馬体重はデビュー以来増えず、なんとか保っていますが、今回は減らしてきそう。
2週前の追い切りで高い値、CWで「50」を出して当週は坂路で軽目なので、精神的にもギリな感。
これ、ゲート出ないパターンでしょうね。
NHKマイルCなら後方からでも、どうせ毎年直線は横一列になっての追い比べなので大丈夫。
ケイアイノーテックや、土曜日のキングパレスのような競馬ですね。
…と思っていたのですが、今年はそうでも無いかも。

参考としてレースの前後差、前半3ハロン-後半3ハロンタイムの値、で見てみると。
t1
1番左の列が、レースの前後差です。
今年はニュージーランドT、シンザン記念、アーリントンCと違う競馬場で行われた1600mがどれもほぼ同じ値。
これを見る事に何の意味があるの?は、…正直説明するのがややこしいのだけれども。
レースを予想する際に、前で競馬して、それなりに指数も高く、流れを作りそうな馬っていますよね。
そんな馬は、自身が勝てる競馬をするはず。
であれば、そのレースはその馬の好走した時のパターンになると想定します。
その結果、レースの前後差も好走時と似た値になる。
ザックリとそんな。

例えば、土曜日のプリンシパルSだと、重賞の毎日杯で先行して4着だったセイウンハーデス。
この時の前後差を中心にみると。
t2
セイウンハーデスが走りやすいレースになると、その時に連れてくるのも、近いところの前後差で走った馬達。
というような考え方ですね。
プラマイ4ぐらいの範囲に収まっているのが分かるかと。

皐月賞であれば。
t3
京都2歳S、共同通信杯、東京スポーツ杯2歳Sがほぼ同じ前後差でのレースでした。
ビーアストニッシドはその内2つで逃げて2・3着。
なので、同馬が前で競馬して、同じようなレースになって…その時に上位に来るのは、前後差で同値の中から、という感じ。

新聞にも、ビューワの馬箱の中にも前後差は掲載されております。
たまには使ってみて下さい。
↑の画像の表については何も聞かないで下さい。

改めて今回はこんな。
t1
桜花賞並みに、ここも武豊騎手が行く流れでしょう。
そして、前後差も同じ範囲に収まる想定。
外枠から武豊騎手それをすると距離がギリギリなジャングロです、レシステンシアではありません。
2~3列目の馬達が思いっきり詰まりますよね。
直線向くまでギッチリと団子。

という時に、マテンロウオリオン。
前走よりも厳しい事になりそう。
横山典弘騎手、NHKマイルCは上手いし、すっごい上手く乗ってこなす可能性もありますが、それでもそれを期待すると、完全に騎手頼み。
オッズの割りに合わないなと。


7・タイセイディバイン
t5
HB印▲(3位)
距離を短くしてから、重賞で連続2着。
中山への輸送も経験済みで、数を使っている経験値は今年のようなぐずぐずの混戦にはプラス。
枠も良いので、ゲート出るだけで自然を好位がとれます。
それに高野友和厩舎の東京芝の成績も…複勝率は66%と非常に高い。
ナミュールや昨年のオークス3着のハギノピリナの厩舎。
ノーザンF馬以外でも走る、という事ですね。
ちなみに、馬主の田中成奉氏は個人馬主ですが、年間15~20勝をコンスタントに続けています。
カナリ凄い勝ち数。
昨年であれば、ライオンレースホースと同数ですものね。
これまでの取得賞金だけで46億ナリ。

8・アルーリングウェイ
t6
HB印☆(6位)、前半注(4位)
ノーザンFクラブの桜花賞組。
というだけでOKなのですが、前走は内からぶつけられた分、着順の見栄えは悪いけど…今回も前には同じ武豊騎手。
似たような競馬をしてくれれば。
近2走の「前後差」は+0.5、+0.6とジャングロの近走よりもややプラスより、遅いです。
が、今回はこれくらいになりそうですね。
多少早くなっても、むしろそっち方が良いくらい。
藤岡健一厩舎も東京の芝の複勝率は42%と高い値。

5・キングエルメス
t7
HB△(5位)、前半▲(3位)
骨折してた分、前走が今年初戦。
上手くトライアルをこなした、というレースでした。
デビューからずっと坂井瑠星騎手。
坂井瑠星、鮫島克駿騎手はもうG1でも騎手でもプラス分がある…くらいのレベルですよね。
土曜日も2人ともナイスだったし。

あとは、単純にハイブリッド指数や後半上位持ちを拾うだけ。

◎7・タイセイディバイン
〇8・アルーリングウェイ
▲1・マテンロウオリオン
注5・キングエルメス
△13・ジャングロ
△4・セリフォス
△11・インダストリア
△18・ダノンスコーピオン

1・マテンロウオリオンは、終わってみれば横山典弘騎手の年に数回の神騎乗だった…。
はあり得る話しなので、頭の馬券も込みの予定。
4枠は2頭ともに、そこまで人気にはならなそうなので…枠連メインでも良さげ。