土曜日は新馬、3歳以上戦、どちらも想定通りな決まり方。
来週から函館が始まりますが、本土での開催はこのまま変わらずな傾向でしょうね。

東京11R 安田記念

ベースにするのはこんな。
t4
安田記念での、前走1着馬、HB(ハイブリッド指数)印入りの馬達。
を、枠番で並び替えたもの。

前走で着順上位がそのまま今走も、という結果になりやすいレースです。
その中で、やっぱり1番安定しているのが前走で勝った馬達。
かつ、枠を貰えた馬。
ただし…2~3着には来るけれども、勝たんのや!
連勝したのは前走で圧勝のモーリスのみ。
勝ち馬だけは、別で考えるべきですね。

念のため、1~3着馬を合わせて見ると。
t5
勝ち馬以外で、前走掲示板を外しているような馬はほぼおらず。
だし、近年なら当時も3番人気以内と、前走時点でちゃんと評価されている馬。

肝心の勝ち馬は
t6
2~3着と比べて、ここだけおかしい。
単純に1桁後半人気辺りで適当なの…でも良いかもですね。
前走or今走で、間隔空けて使っており、人気でしっかり負けている。
字面にするとそんな。
先に、そういうタイプが勝つ、って決めてかかれば↑のような馬達は拾えたんじゃないかなと。
モズアスコットだけはちょっと違いますが、既にどうしてかは忘れてしまいましたが、そういえば、あの時の本命は同馬でした。
んー、なんでだろ。


4・ダノンザキッド
t7
HB▲(3位)、後半(推定後半3ハロン)印注(4位)

いつもの「ダノン」って感じで、2歳~3歳春前までは順調。
怪我で崩れて古馬になって、さてどうしよ…の過程ですね。
なかなか上手い事使えない中で、マイルCSでは3着には来るだけの能力はありました。
前走はゲートで終わったし、パンサラッサなんて超相性悪そうな馬が勝ったレース。
1番人気で7着くらいに負けていれば、今回に向けては悪く無いですね。
馬が中山嫌い的な話は後付け感はありますが、だってホープフルS勝ってるし。
久しぶりに外枠から解放されて、そこそこポジションを取りに行けそうなターン。

16・レシステンシア
t8
HB☆(6位)、前半◎(1位)

ヴィクトリアマイルからの中2週は、一般的にはキツイ。
のだけれども、同馬は現代の「使わない」とは正反対で走る馬ですね。
どれだけ間隔が詰まっていても「追い切り指数」は毎回高い値で、今回も「B」評価。
3歳時もNHKマイルCまで、全レース参加で1回も崩れる事なく春を全うしました。
以降で崩れたのは休み明けのG1と昨年のヴィクトリアマイルだけです。
人気になって、直線は早めに先頭に立たされて…は、力とは別にシンドイです。
で、その時と同じ8枠。
当時と違って、カフェファラオもホウオウアマゾンも、もう少しゴール前までは前で粘ってくれるはず。
抜け出すタイミングが、よりゴール前にずれて、しかも人気も無い状況。
G1での実績もこの中なら上位の存在です。

8・イルーシヴパンサー
t9
HB〇(2位)、後半◎(1位)

前走の東京新聞杯は上がり1位で勝利。
今回も後半印は◎で、HB+後半の両方入りとなりました。
し、4枠8番という絶好の枠も引けた。
中16週と間を空けて「追い切り指数」は2週連続で40越。
鞍上の田辺裕信騎手は、最後に勝ったG1が安田記念のロゴタイプ。
久しぶりにG1勝ち…んー、無いな。
勝たん。
最初に挙げたように、同馬が最も安パイな2~3着馬。
前目に付けても、後方からでも、あの脚があれば3着以内は大丈夫な感。

7・ファインルージュ
t10
HB△(5位)、前半△(5位)

ヴィクトリアマイル組では1番内枠を引きました。
毎年、安田記念では2着には入るのがヴィクトリアマイルから牝馬。
これくらいの馬で4枠なら資格はアリですね。
中2週なので、厩舎に置いたままです。そんな木村哲也厩舎。
でも、JCのオーソリティもアルゼンチン共和国杯からの中2週で同じ状況ではありました。
結果は、4枠7番で見事に2着。
まあ似ておりますね。
鞍上がC・ルメール騎手ではなく、数年ぶりのこの厩舎での騎乗となる武豊騎手なのが違う点。
特に何もせず、同馬のこれまでのレースをなぞるとは思うので、勝たないだろうな…はある意味安心。

これら4頭が中心で、頭で狙うなら4・ダノンザキッド、16・レシステンシア。
ダメな時は多分…何処にもおらずでしょうね。
馬連、3連複のように、勝たなくて良いなら8・イルーシヴパンサーか次順で7・ファインルージュを。
あ、もちろん、今回もC・ルメール騎手の2着固定は別で持ってはおきます。

▲4・ダノンザキッド
▲16・レシステンシア
〇8・イルーシヴパンサー
注7・ファインルージュ
△9・シュネルマイスター
△1・カフェファラオ
△14・ソウルラッシュ