中山、中京のダートをやりたいので、早めに重賞終わらせたいところ。

阪神11R チューリップ賞

人気も指数も1番手は4・レシステンシア。
問題ばかりの北村友一騎手、今回は内でゴチャゴチャするのは避けたいだろうから、早めに抜け出すか外を回すか・・・。
前回のように内に突っ込む事は無さそうですね。

レシステンシアと同タイプだと、過去にはメジャーエンブレム、ソウルスターリングがおりました。
阪神JFを前目の競馬で勝って、次走のトライアルでもしっかり勝って・・・本番で負けるやつ。
もし前走同様の競馬をすればレシステンシアは、ここは勝てる。
けれども、それをやってしまうと、本番では別の馬にやられてしまうのでしょうね。
阪神JFを逃げ・先行で勝ち切る時点で明らかに能力は上なのですが、桜花賞はそれでも前へのアタックが厳しすぎ。
陣営としても、そんな事は分かっているはずで、もし控える競馬をするのであれば、今回がラストチャンス。
そんな分岐点。

チューリップ賞自体はこんなレース。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2
印では「推定」後半上位の「注」で大体カバー出来つつ、HB印▲以上。
人気馬2頭+人気薄の差し馬が1頭というのがデフォ。
そんな変な馬も、大体はノーザンF・ディープインパクトに限られておりますが・・・。
変に捻るような事を考えないのであれば、そこらを探すのがチューリップ賞。

過去のHBリストでも左の1番手、HB印◎の安定感は抜群。
同程度で「推定」後半3ハロン印◎ですね。
どちらも過去6年で1度ずつしか圏内を外しておりません。
t1
今年はこれ。
4・レシステンシアは、印でもソウルスターリングとほぼ同じ。
ミスパンテール的な馬をいれば良いのだけれども・・・今年、そんなのいるかなぁ。
脚質が入っているのでPDF版で見ると。
t2
データの見方は → コチラ

4・レシステンシアは「推定3ハロン」では前半1位、後半3位。
2つともランクインで、これは過去を見てもちゃんと来ております。

13・マルターズディオサはHB指数は2位、後半2位。
関東馬で、非ノーザンFの手塚厩舎と後ろ盾は弱い。
これがフィエールマンのように、ノーザンF馬であれば違うのだけれども。

1・クラヴァシュドールは、M・デムーロ騎手と中内田厩舎の珍しい組み合わせ。
後半◎なので滅多な事が無い限りは圏内は大丈夫。
ただし、1枠1番は良く無いし、鞍上のM・デムーロ騎手も微妙。
わざわざ藤岡佑介騎手降ろしてまで乗せたのですから、勝ちにはきているのでしょうね。
同じような人気と印では過去にジュエラーで2着はありました。
まだマトモな頃の同騎手だったけど。

10・スマイルカナは前半2位。
今回は丹内祐次騎手に乗り替わりで、柴田大知騎手よりも全然良い。
この勝負服ではありみないディープインパクト産駒で、今回同馬が唯一のディープインパクト。
ひいらぎ賞も、フェアリーSも負かした馬達のその後も優秀な結果。
しかも、先のG1よりも目先のG2だろうし、1番勝ちに来ているのは同馬かも。
でもそうなら、フラワーカップに出れば良かったのに・・・。
ここで逃げて勝つには、NHKマイルC勝てるレベルが要求されます。
正直そこまでの馬じゃ無いですよね。
ニシノデイジーのように、この後バンバン追い抜かれて行く系だろうし。

7・ウーマンズハートも、前半5位、後半4位とW印。
ゴドルフィン、西浦厩舎と、重賞の2~3着辺りでカナリ無難。
中山のタワーオブロンドンとW勝利、までゴドルフィンは狙っている可能性はありますね。
・・・少なくとも東西の金杯の時よりも確率は高い。


ここまでが基準HB指数を超えている馬達で、このゾーンかは2頭は来る計算。
そして例年のパターンで来そうな変な馬ならこの3頭辺り。

t3
ノーザンFの2頭からの選択なら、せめて1勝クラスから・・・の6・ショウリュウハルの方が無難。
馬的な武器は乏しいですが、3頭の中では唯一の関西馬。
前走の勝利から間隔もタップリ空けて、後はもうアレです「しがらき」パワーに期待で。
ちなみに、佐々木厩舎のジャスタウェイ産駒は他にシックザールがおりまして、本日の川崎最終で勝っておりました。地方転厩して2勝目ですね。

5・チェーンオブラブは後半5位、ずっと「詰脚」は「赤」を出し続けており、前走で差して「赤」を出したのは同馬と14・ピーエムピンコと11・シャンドフルール。
HBリストでも6番手とギリ1ブロック目にも残っております。
また、この勝負服(とその一族含む)はコントレイル以降、結構調子が良いです。
コルテジア、ジャンダルム、ここにももう1頭シャンドフルールもいますね。
そういった物を込みで。

ピーエムピンコはあと1回走ってからここであれば・・・。
パッと見でわかるくらいに小さい馬です。
今回は斤量3kg増になっては、やはりキツイ。
自己条件に戻った時にね。


さて、レシステンシア。
多分、戦法は変えてこない感。
それよりも、ここを如何にロス無く勝てるか?に注力してそう。
過去のメジャーエンブレム、ソウルスターリングと違って輸送が無い関西馬というのも桜花賞に向けて大きな武器を持っていますし。
阪神JFの時と違うのは、そこに10・スマイルカナが加わった事くらい。
良い目標に出来る分、レシステンシアはプラスですね。
そこらに負けた上位の馬達からは、良い枠引けた13・マルターズディオサを。
チューリップ賞、毎年外枠は良いです。

◎4・レシステンシア
〇13・マルターズディオサ
注5・チェーンオブラブ
△7・ウーマンズハート
△1・クラヴァシュドール
△6・ショウリュウハル
△11・シャンドフルール


中山11R オーシャンS



オーシャンSって・・・
ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
ハクサンムーンやアルビアーノのように、昨年のG1以来の実績馬が人気でぶっ飛ぶに期待、でも良かったレース。
秋で終わっての年明け初戦は地雷でしたね。
それが香港国際競争に行くようになり、ちょっと短距離界の傾向も変わりつつ。

人気、着順上位で見てみると
t1
先ほどの14年のハクサンムーン、16年のアルビアーノは昨年の秋のG1以来の初出走で凡走したパターン。
現状の「外厩」その他で考えると、この問題ははもうクリア済みで良いかなと。
人気上位、単勝5倍前半までの印で◎持ちの馬は、何だかんだでカナリの安定感。

着順別の人気だと、頭で跳ねる年も多めで、人気馬vs人気薄なら半々の割合ですね。
18年のキングハート以外はどれも何かしらの印は入って、連対馬なら▲もしくは3つ入りですね。
3着馬も19年のダイメイフジを除けば、3つの内どれか▲はアリ。
ここらは・・・頭使うよりもザッと流してしまう感で良いかなと。


で、今年な訳ですが・・・。
この路線、今は相当弱い。ダメだこりゃです。
成績ビューワの「以降成績」で見ると。

・スプリンターズS
t1
・ラピスラズリS
t4
・タンザナイトS
t3
・カーバンクルS
t4

このように、各レースの上位馬達はその後サッパリ。
1つ上の距離ゾーンに行こうものなら、アッサリ返り討ちや。
ちょっと昔と変わらずナックビーナスが安定株の筆頭のままで、特に入れ替わりも起こっておらず。
開催ビューワで昨年の結果を合わせてみると。
明日分は → コチラ

t5
HB印〇→◎で決まって3着は離された結果。
昨年と同じくC・ルメール騎手の指数上位が勝って、ダノンスマッシュ、ナックビーナス辺りが次順、後は離されて・・・という結果になりそう。

といった、自動的に拾うところ以外だと・・・。
「詰脚」で「黄色・緑」を出せそうな馬達を。
自力だけではキツイので、そういう馬が恵まれる内目の枠から。
t6

◎1・タワーオブロンドン
〇2・ダノンスマッシュ
注10・ナックビーナス
△6・キングハート
△5・グランドボヌール
△7・エンゲルヘン

「詰脚」的には9・ハウメアも悪くは無いです。
ですが・・・鞍上のL・ヒューイットソン騎手が分からん。
南アフリカで抜群の成績をひっさげての香港入り。
馬が集まらなかった、とは言え、そもそも集まらないのは、本人の素行が悪いとか騎乗が評価されていなかったという可能性もあります。
香港での評価を信じるのであれば、A級外国人騎手では無く、K・ティータン騎手以下かも知れません。
ふらっと来た外国人騎手に、こんなに良い馬集めるのは普通じゃ無いです。日本くらいでしょうね。
ので、ヒューイットソン騎手は結果を出してからで良いかなと。

中山1R

HBビューワの方に少し機能を足してあります。
これも・・・春過ぎくらいには全てまとめてスッキリさせたい。
成績や開催、他のビューワと共に調整をしつつ、なのでまだ時間が掛かりそうです。

上位1~3着馬の通過順などが載っている箇所を選択で「後3F差」順に並び替えです。
「後3F差」とは、ゴール地点から3F前の時点での先頭との差。
これが0以上であれば先頭、以降は数値が高い順に前にいた、という事になります。
通過順だけだと、馬群が固まっていたりすると、実際よりもイメージとしてずれてしまうので、この数値を見た方が良い場合の方が多いかなと。

中山1Rだと
t1

1Rが日本初騎乗となるL・ヒューイットソン騎手。
いきなり人気馬ですね。
芝で先行できて着順もそれなりだった10・ピクチャーポーズの初ダート。
普通は買いのパターンではありますが・・・鞍上で嫌ってみましょ。
先ほども書きましたが、ダメだった外国人騎手の結果も充分にあるので嫌う姿勢からスタート。
陣営が勝てる馬を用意した、というパターンもあり得るけれども。

「後3F差」順に並び替えたら、次に見るのはHB指数の印と「詰脚」。
指数上位で、「詰脚」も0以上出せていたら未勝利では合格です。
良い馬がいなければ、順次下の方をみていく。
今の中山だと、前で競馬して頼りない感があったとしても、それでも、下手に後方からの馬よりも良いです。

16・クイーンアドバンスは前走は「青・赤文字」での4着でしたが、2走前は「黄色・緑」をしっかり出しております。
HB〇で、外枠もプラス。
不安な点は鞍上・・・なのだけれども、指数◎も岩部純二騎手だし、どちらも同じようなものですね。

鞍上込みであれば、中位人気でピッタリなのが大野拓弥騎手。
関東ダートでこれくらいの馬は手頃です。

HBリスト
t2
HBリスト上位はそのまま想定で1~3番人気。
この3人から誰選ぶ?という拷問のような選択なら・・・8枠とひとまず2ミスくらいまで許される枠の16・クィーンアドバンスの横山和生騎手で。
横山武史騎手なら、迷わず本命ですが惜しい、別人です。

中山ダートの下級条件で変な馬なら「前半」入り。
6・サクラドロップは岩部純二騎手の2・サンキーウエストと同じ菅野厩舎。
騎手で比べれば断然に武藤雅騎手。
拾っておきましょ。

〇16・クィーンアドバンス
〇12・ラヴアンドゲーム
注1・ノヘア
△2・サンキーウエスト
△10・ピクチャーポーズ
△6・サクラドロップ
△11・ショウイモン

中山2R

同様にHBビューワで「後3F差」順で並び替え。
t3
うはっ・・・見事に全馬ダメそう。
「詰脚」で「赤文字」すら無いので、みな前に行って止まる馬ばかりという事。
10・クリノテルチャンは2走前に一応「青・赤文字」は出しているものの、指数は19と低くレースレベルも「C」でした。
これを踏まえての、HBリストを。
t4
HB指数1番手は4・ヒロキング。
鞍上は・・・内田博幸騎手!
よし、やる気になった。
単純に騎手の差で勝たないし、指数〇がC・ルメール騎手であれば、そして「後3F差」で上位ならば、内田博幸騎手が2~3着辺りに来てしまうかも・・・もぶっ飛ぶところまでは期待したい。
一応の3着固定は持っておこうかな。

その次順の8・サンビュート、7・リュウノチョッパーはオッズとのバランスでは悪く無い。
「後3F差」で黄色の組なら、3・ベストランナー、11・ヤギリエピファクンは「前半・後半」Wが入っています。
t5

完全ダート厩舎の小西厩舎で、丸山元気騎手との相性も複勝率30%越なら上々。
エピファネイア産駒の中山ダートマイル以上も「B」評価と新馬からの2走目で指数を積み上げるプラスにもなりますね。

2・ドノスティアからの馬連でも、内田博幸騎手さえ3着以下に落ちてくれればそれなりに付きそう。

〇2・ドノスティア
注11・ヤギリエピファクン
注3・ベストランナー
△8・サンビュート
△4・ヒロキング
△7・リュウノチョッパー
△5・キンジ

笹川翼騎手は、この後のレースでチャンスある馬に結構乗ってます。
ここで馬場を見て・・・からの進撃期待。

中山3R

HBビューワで並び替え
t6
上の2頭が抜けてますよね。
HBリスト
t7

こういう時は1ブロック目の上位決着が基本。
あって、笹川翼騎手くらいでしょうか。

◎10・クロッチ
〇2・ジョイウイン
注15・グランドストローク
△5・ゴールドスナイパー