無観客競馬が続いておりますが、相変わらずというか関係者の方々から1番多く聞こえる声は観客がおらずで寂しいだの、早くお客さんがいる中での競馬だの…が多いですね。
基本、期間は決まっているのだから2週以上経って、未だにそんな事を言っても仕方無いのに。
いい加減、そういったセリフは鬱陶しいと思う。
この状況をもっとポジティブに捉える姿勢の方は少ないのが残念です。

気性の安定しない馬にとっては大きなプラス、というのは1つハッキリ分かった事ですね。
観客無しでの競馬という実験環境がこれまで出来なかったので、これは事実として大きい結果。
これだけでも充分収穫あったじゃない。
人が居ない方が馬に取っては良い、そこらにいるファンは馬にとっては迷惑、とも言えます。
それでも馬は経済動物です。
馬の都合よりも、人間の興業や都合が重視される。
これを改めて自覚する機会にもなったかな。
馬が好き、愛している、だから正義!なんて事は全く無いと。
競馬場にいるファンも、大音量で流れている実況も、出走馬達には邪魔なのかもですね。

台風や雪などで、交通機関がやられるから競馬中止→翌日代替開催、なんてのも、別に観客呼ばなくて良いのなら出来たりする事も今まで結構ありました。
今後はそんな時は無観客で開催、という判断も出てきたりして欲しいな。
競馬場も場外も閉めたとしても、売り上げは何とか出せる…が分かった事ですし。
それに一気にPAT加入者も増えてJRAとってはトータルではプラスだったはず。

阪神11R フィリーズレビュー

せっかっくこれを作ったので使ってみましょ。


このレース、勝ち馬とのタイム差で並び替えてみると…。
t1
殆ど差がつかない。毎年僅差で着順が決まるレースです。
ので、素質1発よりも、沢山走って毎回そこそこまとめている人気の無い馬がよく来る。
しかも頭まで来る。
勝ち馬に人気薄が多いです。
ぐしゃぐしゃっとした中で着順が決まるので配当的に荒れやすい。
そして内回りでも、差し馬が圧倒的に有利。
逃げ馬は武豊騎手のキャンディバローズの3着があるくらいで、残るの本当にキツイ。

そんな中にあって、結果として3着以内に来た馬は。
t2
ハイブリッド指数順に並び替えた図。
指数無印って2頭しか来ておりませぬ。
これはなかなか優秀。
でも…その2頭はどちらも勝ちっているんですよね。

そんなリバティハイツもノーワンも、昨年の秋デビューでなかなか勝てずに使い続けて、1勝の身でここに出てきたパターン。
1400m以上しか使っておらず、過去から続く定石どおり1200mの馬は人気馬でも人気薄でも無理。

と言う事で、探すべきは指数上位で大丈夫な馬、印なくても間隔空けずに使って来ている人気薄。
この2パターン。
それさえ見つかれば、後はHB印付きに適当に流しておけば良いかなと。

・・・なんて事が適当に語れてしまうデータを簡単に見る事が出来るツールです。

今年の分をハイブリッド指数順に並び替えてみると。



t3

11・ケープコッドは、そもそもが関東馬。
関東馬…ここダメなんですよね。
高柳厩舎はダート厩舎で、最近は芝でもチョイチョイ良い所はある。
ゴドルフィン馬というのも、毎年ほぼ勝ち馬を出している社台馬が1頭しかいない今回はプラス。
芝での厩舎力が足り無い上に1200mの馬です。
ですが、ゴドルフィンという部分ではもう1頭おりますね。

HB印注の10・ヴァラークラウン。
3走全て1200mというのはダメなのだけれども、印と人気を考えれば買う価値は大きい。

1・カリオストロはここが年明け初戦。
そんな余裕のローテをかまして良いのは、重賞レベルかNF・社台系くらいです。
前走は逃げてのレコード勝ちで、それはフィリーズレビューでは全く評価出来ない要素。
松山弘平騎手、というだけですね。怖いのは。

14・アヌラーダプラはNF+キャロットFで、いかにも期待された新馬戦から2連勝。
前走でもC・ルメール騎手を確保したように、ちゃんと勝ちに行って案外な結果。
ずっと間隔空けて使っているように、体質は弱そうですね。
そして、そいう系の馬はここではキツイ。
突き抜けられるレベルじゃないと…どうしてもゴチャゴチャするフィリーズレビューでは結果が出せないんです。

8・ソーユフォリアまでがHB印いりで、同馬は上記のとおりの高柳厩舎。
フェアリーSでのレース振りとかは良いのですけれども、バックボーン的に弱い。

ので、残ったのはHB◎の7・ヤマカツマーメイド。
ファンタジーS,阪神JFと王道路線を歩んで掲示板は外さず、キャリアもそれなり。
悪い部分はありません。
指数上位の人気馬パターンなら同馬です。

無印からは5・エーポス。
t4
鞍上の岩田康誠騎手、こういう所で内から上手く伸びてくるスキル持ちです。
それにエルフィンSの「以降成績」も優秀。
t5
スマートリアンはチューリップ賞で5着。
ウインマイティーはデイジー賞勝利。
どちらも人気薄での好走ですが、こういう流れって続くものです。
エーポスに限らず、まだ走っていない他の馬も覚えて置く方が良いかと。

中内田厩舎の2頭、3・フェアレストアイル、15・マテンロウディーバ。
t6

鞍上は引き続きで、どちらも京都よりも阪神の方が成績が良い騎手。
騎手・厩舎の相性でみても複勝率は40%越。
3・フェアレストアイルはNF+サンデーR馬。
15・マテンロウディーバは前走で「詰脚」が「青・赤」パターンとこの中では1400m以上で出した馬がアヌラーダプラ以外いない貴重なやつです。


◎7・ヤマカツマーメイド
〇5・エーポス
注3・フェアレストアイル
注15・マテンロウディーバ
△10・ヴァラークラウン
1・6・8・11・14

一応HB印入りには流しておきましょ。
オッズ次第では消しても良いのですが。
そして、エーポスのいる3枠からは、枠連でちょっと他の印のところを押さえても配当は間に合いそうですね。