明日は…HBリスト使って福島ですかね。



先週の福島だと
t3

基本は2列目以内から軸馬の選択。
馬連なら3列目以内での組み合わせで、どうかな?を考えつつ。
3連系ならもっと広げて人気薄の1頭でも拾えれば勝ち。
という、非常にザックリとした方法です。

先週の福島の馬場傾向は
HB馬場傾向
これもカナリ参考になります。
ちなみに、予想する時はこんな。
t4
HTML版3ハロンシートで1つのウインドウを開いておく。
リンクを選択する度に、そのウインドウ内でタブが開くので、予想が終わればウインドウを閉じてしまえばOK。
いちいちタブ閉じる手間が無くて良いです。

明日の分で選択すると。

福島



t1

赤枠が軸候補の馬達。
ハイブリッド競馬新聞を見つつ(僕は横カラー派)が4割。
HTML版3ハロンシートで騎手クリックの騎手データが6割。
今回も騎手要素に寄せて選んでみました。

次に相手探しですね。
1Rを3ハロンシートのHTML版で見ると。
t6

前走の1800mから一気の距離短縮ですが「逃げ」は15・リピネ。
1150mでは流石に行けない…と思うかもですが、鞍上が斎藤新騎手ならワンチャンあります。
そして逃げたら相当粘る。主に騎手が。
ので、HBリストでは9・スリーハーバーと15・リピネの間の馬達、つまり1ブロック目の中からの選択。
単純に、というか感覚で、「鮫島」兄弟2人が揃って圏内とかは無いでしょ。無い無い。
となると1・11・13の残りの3頭から探しが方が効率は良い。
脚質的には、その3頭は「差し」のゾーン。

脚質別の馬達は、「逃げ・先行」は前半順に、「差し・追い込み」は後半順に並び替えてあります。
後半◎は11・バトルダンサー。
コースデータ的には後半▲の方が回収率は高いものの、外目の枠の後半◎は優秀。
枠の分で、11・バトルダンサーを上に。

明日のレースでは、9・スリーハーバーを見つつ、前には斎藤新騎手の15・リピネ、後方には11・バトルダンサーという形でしょう。
直線では…。
「アラタ残せ残せ!」
からの。
→ 脚が上がっているようであれば「だったら黛頼む、ホント頼む、差して!」
のプランBが使えます。
これ1人だったら面白くとも何ともないのだけれども、何人かで一緒に競馬している時には結構盛り上がる展開。
そう考えると無観客競馬はちょっと寂しいですね。

◎9・スリーハーバー
注15・リピネ
注11・バトルダンサー
△6・ハルハアケボノ
△残りの馬

オッズ見ないと分からんけど、3連複で良いはず。
6・ハルハアケボノは「差し」のゾーンでは1番下。
上がりの脚は下位ですが、その分、そのゾーンの中では前に行ける想定。
牧浦充徳厩舎は、今週は全て福島での出走です。
関西の厩舎なのに、新聞の厩舎名の左を見れば分かりますが…福島で4位の厩舎なんです。
このコースで人気薄走らすのも上手いです。
日曜日の1Rもダートの1150mに2頭出走させるし、1つくらいは圏内ありそう。


京都8R

3ハロンシートのHTML版では
t1
来る馬は限られているので選びやすそう。
HB◎で1番人気の8・ノンライセンスは松田大作騎手。
同騎手のHB◎時はこんな成績
t3
少ないチャンスで結果は出しております。
チョイチョイ負けてくれるので、馬券的にも3連単で扱い易いのも手頃。

そしてここは京都の1200mなので岩田望来騎手の出番。
芝・ダート問わず、この京都の1200mというだけで何故か良い騎手。
HB印▲以上に限ってみると
t2
こちらもなかなか勝たないものの、圏内は安定。

HBリストで上位だと、13・カミノコ。
…は小牧太騎手。当然、ここも勝たない想定で良いでしょう。

2・サトノゲイルは幸英明騎手。
「差し」ゾーンでは1番手で、後半◎の馬。
勝てる…のか??
幸英明騎手の勝ちパターンは、先団外目でずっと外を回しつつ叩きまくるが基本。
このレースは先行馬が多く、外を回し過ぎるかも知れません。
かと言って、内で控えて裁く…は無理なタイプ。

消去法的に武豊騎手が残るのかな…。

人気無いところならば「追い込み」ゾーンに1頭しかいない11・ミッキーマインド。
ハナ切った時だけ走る12・ヤマニンブルーベルは前半上位で、初ブリンカー。
荒れた結果になった時にはどちらかいる事は期待できそう。

〇8・ノンライセンス
〇14・レッドシャーロット
▲3・パラーディウム
注2・サトノゲイル
△13・カミノコ
△11・ミッキーマインド
△12・ヤマニンブルーベル

6枠の2頭は枠連でも間に合いますね。

んー、福島2Rの9・10、そして京都8Rの8・14。
ワイドで転がせそう。
東京であと1つ探して、3場で1回ずつやってみるのも悪く無いですね。


青葉賞はレース前にオッズ見てからで。