せっかくこんな物も作ったので。
種牡馬成績ビューワを作成しました

それ系でやってみましょ。
条件としては…「当日一覧ビューワ」で種牡馬印の回収率が「A」の馬からの選択で。
当日一覧ビューワ 8/22(ご契約があるアカウントでのログインが必要になります)
t1
2桁人気まで行ってしまうとキツイけれども、中位人気辺りまでなら「A」というだけで買える記号。
そんな中からいくつか。

札幌3R

種牡馬印「BA」はキンシャサノキセキで、ここには2頭。
札幌ダート1700mの実データはこんな。
t2
HB印順に並び替えてあります。
▽までの印付きはそれなりですね。
馬券圏内を外しても5着までにはほぼ入っているように、まあまあ耐えてくれています。

該当馬の2頭は
t3

2・ハーモニクス

今回は初ブリンカー。
HB印は▲で、「推定」前半3ハロンでは2位。
引き続き吉田隼人騎手で、同騎手の札幌ダートの複勝率は43.2%と優秀です。
前走が、これはキツイですね…。
レースの前半・後半3Fのタイム差が-4.4とカナリ早いペース。
それを前で競馬して5着には残しました。

8・フラテナ

デビュー戦以来のダート。
HB印はギリギリの6番手、後半は3位。
念のため拾っておけば、ですかね。

13・ウンダモシタン
t4
前後半で5位以内、3~4走前のダートの指数分走れれば3着はありそうです。
配当要員として手頃ですね。

人気馬達は
t5
内2頭は横山兄弟。
4・デルマルビーの指数〇で、マイか出遅れ後方からの捲り。
14・リトルマンマミーアは初ダート。鞍上パワーも大きそうだし、エイシンフラッシュの札幌ダートの今年の成績を見たら…買いたくはなりますね。


◎2・ハーモニクス
〇4・デルマルビー
▲14・リトルマンマミーア
△8・フラテナ
△13・ウンダモシタン
△5・グッドラックスター
△9・メイショウトラヒメ

札幌10R


8・コスモブルーノーズ

t6
ゴールドシップの札幌芝のマイル以上は「AA」となります。



鞍上の石川裕紀人騎手なら、日曜日のブラックホールの前哨戦として…的な。
1・フォアシュピールにはNF馬でキャロットFのC・ルメール騎手。
4・モーソンピークには、同じくNF馬でシルクRの横山武史騎手。
多分、どちらからが1番人気でしょうし、1番人気になった方が3着を外す事も無いですね。
ので。
ワイド1点で遊んでみようかと。

新潟7R

該当馬は4頭。
ゴールドシップとエピファネイア。
t1
未勝利では年に数回しか無い特殊な2400m。
そもそも…ではありますが、このコース人気馬からしか勝ち馬が出ません。
基本1番人気が勝つレース。
なので、鞍上はもう不安だらけではありますが、一応は9・ベデザンジュが勝たないと…現実の方が間違っていると言って良い結果。
ちなみに、田辺裕信騎手。
福島が終わって夏の新潟・札幌では1勝しかしていません。
人気馬でも余裕のぶっ飛びで、ちょい人気薄でたまに圏内というのが最近の動き。

9・ベデザンジュ以外の3頭もHB印入りですね。
この中での順番と、他に印が入った馬を足しておけば間に合いそう。

◎9・ベデザンジュ
〇15・マイネルケイローン
▲3・ウインエアフォルク
注2・スターリーゴールド
△4・ウインラインウェイ
△6・トラベーラ

新潟9R

該当馬は3頭。
t1

5・グッドヘルスバイオ

パイロで「BA」の印。
成績が「B」で普通よりも良い。回収率は「A」で凄く良い。という意味。
同馬自身、新潟ダートでは3着を外しておらず、今回は斎藤新騎手へ乗り替わり。
騎手名の横にある数字が、競馬場の芝・ダ別のリーディング順位。
斎藤新騎手は2位と、実は結構な上位。
背景色が黒になっているのは、そのリーディング上位への乗り替わりの時です。
5月に同じコースで勝って、1回2勝クラスを使って休憩。
…からの今走で得意のコース。

10・ベルジュネス

ロージスインメイは1800mだと「AA」になるんですね。
同馬もここでは2走前に勝利して、昇級初戦の前走でも11番人気で3着。
一気に人気になる点と、鞍上が微妙ではありますが…。

13・エグジッドラック

後半2位だし、追い切り評価も「B」と、中11週でも初戦からイケそう。
奇跡的に前が全部止まってくれれば…。
江田照男騎手というところで何とか。

それでもきっと、この2頭のレースになってしまうのですけれども。
t2
関西馬の2頭ですね。
どちらもマイナス要素は同程度。

3・アスターマリンバの方は、戸崎圭太騎手がやはりイマイチ。
そんな状態で外に、これまた脳筋気味の田辺裕信騎手。
共倒れまでありそう。

12・サルサレイアは相変わらずスタートで後手を踏みます。
ここ2走は内枠でしたが今回は外枠。
東京1600mならまだしも、このコースであれやるとロスは大きいですね。

ので、馬券を考えるのであれば…。
t3
レースレベル「A」で勝利して、しかも、「詰脚」パターンが「黄色・赤」の馬。
4・コスタネラも11・モレッキも、同じハイブリッド指数「56」で1勝クラスを勝利。
その時の「詰脚」パターンも同じです。

コスタネラの方は昇級2戦目でsの効果を発揮。
モレッキの場合は、今走が間隔を空けての昇級初戦。

特別レースで岩田望来騎手を買っても…とは思います。
実際に、ダートの2勝クラスでも特別戦よりも平場の方が断然成績は良い。
これまでのところは、55kg以上で一気に成績が落ちるんですよね。

11・モレッキは6歳で昇級初戦。
新馬以来の勝利でダート2走目で意外と走った、ですね。


どれも決めてに欠けるので…大久保龍志厩舎にします。
この間の2場開催での新潟成績がやたらと良かったです。
もしかすると…コツを掴んだのかも。


◎4・コスタネラ
〇12・サルサレイア
▲11・モレッキ
注10・ベルジュネス
△3・アスターマリンバ
△5・グッドヘルスバイオ
△13・イグジットラック
△8・フワトロ

小倉7R

ジャスタウェイが「BA」の印。
t1
小倉の短距離芝だと良いですね。
鞍上の田中健騎手は、同じくジャスタウェイ産駒のゼンノジャスタでもお馴染み。
1200mまでに距離を縮めて…逆に走る、に期待しましょ。

印上位は
t2
未勝利の1200mでフルゲートの18頭。
まともに決まるとは思えませんが、◎が全部揃った川田将雅騎手。
アドマイヤコジーン産駒の15・スノーテーラーに騎乗です。
t3
アドマイヤコジーンは、何とか年に1勝以上を挙げており、今年はこのスノーテーラー以外に勝てる馬はいないです。
馬名だけで後藤浩輝騎手での安田記念がが浮かびますね。
G1勝ったら、ゴールした瞬間にあれくらい喜んでくれる方が嬉しいです。
丁度昨年の8月にワールドヘリテージが勝って以降、勝ち鞍は0なので、出来ればここで勝って欲しいなと。

6-7の枠連でオッズがどんなものなんかな?
それで足り無ければ、11・ジャストポケットと15・スノーテーラーからの3連複を広めに。

◎15・スノーテーラー
〇11・ジャストポケット