明日の話をする前に。
明日の競馬 8/29

「当日一覧ビューワ」の追加機能を説明するためにやった方法。
その結果を。
先に言うと、イマイチでした。ごめんなさい。

全印△以上

t2
小頭数すぎる札幌1Rと、騎手がダメ過ぎた新潟を除くとこのような成績。
小倉も…松山弘平、川田将雅騎手がさっぱりでしたけれども。
それでも。です。
新潟だとM・デムーロ騎手は、今日もやっぱり空気のままだったし。
菅原明良騎手は、変な馬で来るし。
戸崎圭太、三浦皇成騎手も、チョイチョイ来てはいたものの、同じくらい飛ばしていました。
2場や、他に選択肢が無いのであれば新潟やりますが、それ以外に選択肢があるのであれば、別の競馬場やりますよね。

トータルでは複勝率で45%、複勝回収で90と、最近の中ではよろしく無いなーという結果でした。

前半系

・前半印は▲以上
・HB印無し
・前走3角で3番手以内
・未勝利、1勝クラス

t3
これも最近の中では来なさすぎ。
回収率では何とか保っていたので、組み方次第ではありますね。
例えば先週の日曜日だと。
t4
これくらいがデフォなんですよ。

後半系

・後半印は▲以上
・最高HB印は△以上
・1勝クラス以降
・(人気馬が混じるので)4番人気以降

t5
こっちは普段からピーキーなので、こんなものかなと。
1~3番人気になると、途端に成績アップするので、そっちで軸を選んでも良いのかもです。

こんくるーじょん

全印△以上から、前半・後半を引っ掛ける待ちの方法でやってみました。
もっと能動的にいくなら、例えば前半系だと
t6
2勝クラス以上でも、買える時は買えます。
それまでの勝浦正樹、丸山元気騎手を見てたら、結構買える部類のパターンだったかなと。
とりあえず、今日はお試し。試運転でした。
上の3パターンと、枠なり騎手なりでプラス要素があるところでやってみました。
考えるのはレースだけで、馬の選び方は自動です。

札幌の最終ではなんとか、こんな。
t1
1ついいとこ獲れれば、ですかね。
札幌4Rなら、オッズ確認しておけば…他にやり方はあったかな。

今回のはリファレンスです。
この先、充分改良の余地もありそう。

明日も引き続き、まずは同じやり方で。

全印△以上



t1
サイズの関係で画像を切っておりますが、ビューワでは右にもデータが並んでおります。
小倉3Rの8・ルドンカズマだと父はゴールドアリュール。
これだけ印が揃って人気の産駒は、小倉のダートでは馬券圏内外す事の方が珍しいです。
追い切り指数も高いですしね。
何て事は、PC使って大きめのモニタだと分かり易い。

前半系

t2
昨日と同じく2勝クラス以上は切ってます。
キーンランドCだと8・カッパツハッチが該当馬だったりします。

後半系

t3
札幌7Rと小倉7Rはどちらもダート1000m。
未勝利と違って、1つクラスが上がるだけで前が結構苦しくなります。
どれも外枠の馬なので、あ…ラッキー嵌まった、はありそう。


では一旦、HBリストにまとめてみましょ。

赤枠:全印△以上
青枠:前半系
緑枠:後半系

札幌

t8

新潟

t6

小倉

t7
これで明日の準備は完了。
あとは気になるレースを探して、見ていくという作業へ。

そもそも・・・ではありますが、何故にHBリストに書き出すのか?は

HBリスト 8/29
t9
1~3番手までの馬は、やはり馬券圏内に来るから。
競馬の基本は1・2番手の2択からのスタートなのですよ。
その中でも全印△以上の赤枠の馬は、来る可能性の高い馬。

馬、というよりも、僕は騎手のバランスさえ適当であれば、土曜の小倉のように1・2番手の馬が揃ってぶっ飛ぶ事は無いと思う。
新潟は…ダメな感の騎手ばかりなので、この結果も仕方無し。

赤枠無しのレースでは敢えてそこを嫌ってみたり、馬単の2着付けにしてみたりはアリです。
でも少なくとも、HB指数上位3頭を見てしっかり嫌った後に消した方が良いかなと。


新潟9R

ハンデ戦でも無いのに、3ブロック目の指数差が2.1と全馬横並び。
普通の特別レースでこんなのも相当珍しいですね。
t1
今の新潟の芝は、後出しジャンケンで1番外に出して差して来る馬有利なのではありますが…もう、これなら何でもアリじゃないか。
前半系の馬が3頭いるので、何かが残って、他の要素で選んだ馬との組合わせでの決着。
そんな想定で。

新聞で見ると。
t2
3・ガロシェは1番普通にマトモそう。
印は揃っているし、ルーラシップの種牡馬印はBBと安定感、新潟の芝でも3着は外しておらず、マイルもバッチリ。
ここ2走の「詰脚」パターンも「青・緑」で揃えてますね。

ですが、鞍上がM・デムーロ騎手。
中団辺りで競馬して、あーこりゃ伸びねぇや、で追うのを止めそう。
間隔詰めて使って良い馬でも無く、こんな混戦で買いたい馬でも無いですね。


7・ウインレフィナード
t3
前走の「詰脚」パターンは「青・赤」。
HB印は▲でHBリストでは3番手以内。
追い切り評価は「B」。
畠山厩舎、新潟ではそこそこの成績でもあります。

10・フランジヴェント
t4
3歳牝馬で斤量は52kg。
丸山元気騎手、土曜を見る限りは調子は良さそう。
後半2位で、2走前には「詰脚」パターンが「青・赤」での勝利。
金成厩舎、5月は調子良かったのですが、6月はイマイチ。
ここ1カ月間の成績は6月よりも上がっているので、一息入れた今回は走り頃ですね。


「詰脚」パターンで良さそうなのが上記の3頭。

6・ショワドワ
t5
種牡馬印は「CA」と成績自体は普通も回収率はAなので、こんな時こそ。
後半4位は、気休め程度にプラス材料。


〇7・ウインレフィナード
▲10・フランジヴェント
注4・ヘイワノツカイ
注17・リュクスポケット
注18・ハイアーグラウンド
△6・ショワドワ
△3・ガロシェ