天気は…中山は明日は何とか大丈夫そうも、小倉と中京は雨の影響で馬場も変わるかな。
そういう部分は、明日実際にレースを見ながら決めていくとして、前日で出来る事はもっとバッサリ!と判断出来るやつで。

HBリスト 1/23

せっかく機能を追加したのだから、すごく分かり易い部分でいくつか。
HBリストで3連複フォーメーションを買うには、最初のハードルとしてHB印◎〇の2択があります。
先週の日曜のHB◎〇をHBリストでみると。
t1

東西の2場で24レース。
HB◎〇両方が馬券圏内を外したのは3レース。
それ以外は、HB◎〇から1頭正解を引ければ、的中の土俵には立てました。

その選択で便利なところを。


誰でも知っている…けれども、ちゃんと実数で知っておくべき。
それがヘニーヒューズ先生。
サウスヴィグラス亡き後、ダート界のパピーとなる存在です。

明日のHBリストだと。
HB印◎〇のゾーンには4頭。
t2
まず前提として、ヘニーヒューズはダートでHB◎〇だと。
t3
53-36-20-62 171 (31.0-52.0-63.7) [113/98]
1着-2着-3着-着外 総数(勝率-連対率-複勝率)「単回収/複回収」

このように連対率で50%は超えているし、回収率も充分なもの。
既に今年も11回該当して10連対ですね。季節的なもの…もあるかもです。

中山4R

t2
例えば明日の中山4R。
ダートの新馬戦ですが、2・3歳で分けてみると分かり易い。
t4
昨年の1月からの成績。
ヘニーヒューズで、HB◎〇で、ダートの新馬戦。
年明け3歳となった馬達は全く崩れておらず。
3着は外していないし、ほぼ勝ちます。
昨年の2歳時でも秋以降から一気に成績が上がっていますよね。
そういった季節要素もありそう。

ついでにコレ。


C・ルメール騎手…4勝くらいはいきそう。
逆に言うと、5つは勝たない。
Beat The Christopheキャンペーンを社内でやってたりします。
その1つがこれ。


朝イチから何やってんのよ、と思うかもですが…。
こんなのが無いと朝起きられないんですよ。

そして、この中山4Rも。
C・ルメール騎手、ダートの新馬の1番人気は勝率極端に低いので何かに負ける想定。
それが条件に合ったヘニーヒューズの11・ハイオプターレ。
…もしくは、5・ミラティオ。
姉がレッチェバロックなんですよ。
t5
ビッグレッド馬で天間昭一厩舎の時点で…デビュー前に終わってる感はあります。
正直な感想として、何でも褒めるアホなキャスターみたく「わー良いですねぇ!キャッ☆」とは決して言えない環境ですよね。
ですが、父ヴェラザノはグレンイーグルス並みに凄い。
t6
頭数は少ないものの優秀です。
カナヤマ馬とゴドルフィンが馬主、というのも分かる。
これがビッグレッドFとなると…グレンイーグルスのコスモカルティエと同じく、微妙に走る感ですね。
更に鞍上がM・デムーロ騎手。
柴田大知騎手が乗っている馬を全部置き換えたら、陣営の成績は全然違うはず。
それくらい騎手の要素だけで成績が上がる余地がたっぷり残っております。
と言う事をここでも証明して頂きたい。

非常に話がずれてしまいましたが…。
ヘニーヒューズ、HB◎〇、ダートの3歳新馬のパターンは覚えておくと良いことあります。

t11

中山3R

t1
レースは前後してしまいますが中山3R。
HBリストビューワだと。
t7
HB◎のヘニーヒューズ、6・フロムディスタンスはOKです。
ですが…その後に続くのが息子のアジアエクスプレスと、同じヘニーヒューズ。
アジアエクスプレスに関しては、ヘニーヒューズをスケールダウンさせたくらい、の扱いで大丈夫。
数字の出方は似ていますが低い。

もう1頭の方、3・アイリーライフ。
HB◎〇では無いものの、HB印入りのヘニーヒューズ。
t9
これで買えるのは「前半印入り」の時。
t8
13-11-15-41 80 (16.3-30.0-48.8) [82/120]
1着-2着-3着-着外 総数(勝率-連対率-複勝率)「単回収/複回収」

やっぱり、複回収の方が高く出ますね。
もう少し細かくフィルタリングしており、
ヘニーヒューズ、HB▲~▽、未勝利以上、前半印入り、6番人気以下となってます。
3連複フォーメーションの2列目で結構使えそう。

t10