芝はもうコレだけでイケそうです。
HBリスト 1/31
ので、ダートをみてみましょ。

東京11R 根岸ステークス

根岸ステークス 過去成績

このレースはもう、どうしようも無いくらいに…。
t1
HB+後半上位の人気馬が強い。
ほぼこれで1・2着が決まってしまいます。
後半無印で連対したのはC・ルメール騎手だけで、前半印入りでHB印も必要でしょう。
モズアスコットが例外過ぎます。
似たパターンではステルヴィオがいるので、ロードカナロアだしダートをこなしてもおかしくは無いかな、ぐらい。

そう、ロードカナロアですね。
特別レースのロードカナロアです。
今回はダートなので、HB▲以上の特別レースでの成績を人気順に並び替えると…。
t2
複勝率50%ほどで、特に1番人気ならカナリ安定。
該当するのは3・レッドルゼル
t3
安田隆行厩舎+川田将雅騎手の組み合わせ。
新聞でも赤枠内に数字は載っておりますが、近1年でこの組み合わせは21回有って複勝率で60%超えてます。
実数だとこんな。
t4
昨年のスプリンターズS以降、3着は外しておらず。
ホープフルSのダノンザキッドでG1を勝ち、同時に、以降はガタッと成績を落とした川田将雅騎手。
それでもダートなら地方でも先週の東海Sでも勝ってはおります。
芝だとまだノーザンFの人気馬でしか勝てませんが、一時期に比べればだいぶ復活してきましたね。
M・デムーロ騎手もそうですが、不調は底を打って今は上昇中なのかも。

当日一覧ビューワでHB印順に並び替えてみると。
t5
他にHB+後半上位は、
6・タイムフライヤー
16・ステルヴィオ
印は落ちますが、14・アルクトスの4頭。
他のHB印入りは「前半」系で、12・テイエムサウスダンと13・サクセスエナジー。

ここらは無理に嫌う事も無いですね。
相手としては拾っておきます。
というか、これ全然絞れなく無いですか?

前半パターンも見ておくです。
t6

常識で選ぶなら…って、その時点で負けっぽいですが。
t7
8・スマートセラヴィーは、前半1位で、追い切り評価も「B」、戸崎圭太騎手に戻って良い枠も引けました。
ヘニーヒューズの血も効きそう。

12・テイエムサウスダンはHB◎で前走の「詰脚」が「黄色・赤」パターン。
重賞でも通用して良い勝ち方でしたね。
こういう場面で頭まで期待出来る石橋脩騎手でもある。

そして、根岸ステークスは人気薄なら前走で「詰脚」で「赤」の馬。
15・デザートストーム
t8
2走続けて上がり1位の脚で「詰脚」も「赤」を出しています。
府中の1400mです。
相当前と差があったとしても、届くコースとレース。
前で粘る場面がほぼ無い根岸ステークスなら、オッズ込みでこんな馬を選びたいのです。

◎3・レッドルゼル
〇12・テイエムサウスダン
▲15・デザートストーム
注8・スマートセラヴィー
△6・タイムフライヤー
△16・ステルヴィオ
△13・サクセスエナジー
△14・アルクトス