ハイブリッド競馬新聞TOP

HTML版の簡易版です。
事前公開は終了致しましたが…結果だけは更新していきます。
HBリスト以外のコンテンツをご利用の方でも、結果を参考に傾向は掴みやすくなると思います。

ですが。
これまで通り、HBリストはちゃんと公開しております。
ここで。

新しい新聞と共に「ライト版+HBリスト」として、抱き合わせ販売になりました。
t3
詳しくは
→ 【お知らせ】新規コンテンツ販売に関して

各リストの枠内にある馬番を選択で、競走馬の詳細ビューワを開きます。
ハイブリッド競馬新聞の無料会員登録があれば、誰でもご覧頂けます。

スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

成績版PDF版は当日のレース終了後にアップします。

HBリスト成績版(土曜日)

t1
PDF版だけでなく、ビューワの形式でもご利用頂けます。
t5

ハイブリッド競馬新聞に会員登録をすれば、ご契約無しでも以下のビューワは使えます。
t6


明日の「~デー」ならば…主役はこの方。
ハイブリッド競馬新聞 種牡馬成績ビューワ(オルフェーヴル)
今週の出走一覧では。
t1
2/20 The Orfevre day
という感。

東西の重賞でも人気上位を2頭ずつ。
平場でもダートに芝に、障害までもが人気になっております。
この中で取捨選択するだけで1日遊べてしまいそう。

この出走一覧内のセルを選択すると、下部にある約1年分の成績データが選択された内容によってフィルタリングされます。
競馬場であったり、クラス、芝ダ、距離、枠、人気、騎手、厩舎、馬主、生産者…その他諸々対応しているので、急いでいる方にも便利。
ぱっと知りたい事ですぐフィルタリングです。

ちょっと昔であれば、こういった事はローカルのPCにTarget等でデータを貯めていないと出来ませんでした。
今はブラウザさえあればOK。PCでもスマホでも、ネットに繋がればこれくらいのデータと操作が行える時代なんですよね。

現役時代は化け物だったオルフェーヴルさん、種牡馬になっても優秀です。
初年度からG1勝ち馬は毎年出し続けており、2019年に年間の産駒勝利数100勝を超えると、翌年も同程度の勝ち数で安定。
障害でも勝てるようになってきました。
今年はチョイ上のハーツクライをそろそろ超えられるか?の年になりそう。

上の出走一覧で「障」の箇所を選択すると…。
t2
下部の成績データも障害レースのみにフィルタリングされます。
ヘッダ部分の「距離」で距離順に並び替えると。
t3
3000m未満であれば、未勝利でソコソコ人気ならソコソコ着順ですね。
明日の小倉の4Rには産駒が2頭出走しますが、11・ムーンレイカーはチャンス充分。


ダートなら?

同じく、出走一覧のセルで「ダ」を選択。
下部の成績データで「東京」を選択して、ヘッダ部分の「人気」で並び替えてみると。
t4
ヒャッハー。
全然ダメ。
・・・でも違うの。オルフェーヴルがダートダメなんて事は全然無いの。
場所です。
競馬場によってピーキー過ぎるんです。

「フィルタを戻す」ボタンで少し遡って、ダートのみの選択状態に戻る。
その後に「阪神」のセルを選択で、阪神競馬場。
ここもヘッダ部分の「人気」で人気順に見てみると。
t5
指数上位の1番人気は超安定。
それ以下になるとポロポロと凡走があります。
武豊騎手、オルフェーヴルのダートは苦手ですね。何だか分かる感はあります。
こういうタイプ嫌いなんだろうなと。
ここらは鞍上で判断し易いので、トータルの数字がイマイチに見えても凄く使いやすいので悪く無い。

常々言っている小倉ダートのオルフェーヴルは。
t6
誰だ、コイツを人気にしたのは!困るんだよ…。
というくらい、人気無い方が良い。
そして勝ちます。
7枠以降の外枠になると落ちるので、内目の枠の時にどうぞ。

明日だと3Rの2・ショウサンイチマツが該当馬。
1番人気なのが気がかりですが…。
オルフェーヴル以上に、今の鮫島克駿騎手と松下武士厩舎が確変中…。
t7
2桁人気は流石無理ですが、それ外は全部来てます。
何だこれ…の状況。
であれば、この流れには素直に乗りましょ。


芝はイメージ通り距離が伸びた方が良い。
ステイヤーズSでワンツー決めていたように、1800mから上になると数字が結構変わります。
メロディーレーンも如何にもって感じですものね。
そこらについては、また別の機会に。


明日、レースが確定次第、結果を随時更新していきます。


簡易版HBリスト

東京

阪神

小倉