ハイブリッド競馬新聞TOP

HTML版の簡易版です。
事前公開は終了致しましたが…結果だけは更新していきます。
HBリスト以外のコンテンツをご利用の方でも、結果を参考に傾向は掴みやすくなると思います。

ですが。
これまで通り、HBリストはちゃんと公開しております。
ここで。

新しい新聞と共に「ライト版+HBリスト」として、抱き合わせ販売になりました。
t3
詳しくは
→ 【お知らせ】新規コンテンツ販売に関して

各リストの枠内にある馬番を選択で、競走馬の詳細ビューワを開きます。
ハイブリッド競馬新聞の無料会員登録があれば、誰でもご覧頂けます。

スマホでの表示は、このブログだと「PCモード」で見ないとレイアウトされません。
ブログの画面の1番下に切り替えのボタンがあるので、そちらで切り替えて下さい。
毎回手間ですが・・・。

成績版PDF版は当日のレース終了後にアップします。

HBリスト成績版(土曜日)

t1
PDF版だけでなく、ビューワの形式でもご利用頂けます。
t5

ハイブリッド競馬新聞に会員登録をすれば、ご契約無しでも以下のビューワは使えます。
t6


今週からは、再び中山開催。
明日から皐月賞まで、ですね。

ここで手頃なところ、つまりは選びやすい中位人気なら…。
・東京スキップ組
・の、先行馬
・で、クラス移動無し

1回中山から府中は使わずにここを待っていた馬達。
中でも、やっぱり前で競馬する馬が結果上位です。
それを分かった上でのココ。
そんな馬達でしょうね。

当日一覧ビューワで見ると
t1
この4頭。
7R 8・シンヨモギネス
7R 9・フルネーズ
11R 1・ウインカーネリアン
12R 10・シャインカメリア

石川裕紀人騎手が2回で、どちらも横山一家からの乗り替わり。
多分…明日は石川裕紀人デーに近いものがあるので、これは結構良さそうですね。
ちなみに、鞍上で言えば同騎手以外だと、明日は大野拓弥騎手とお馴染みのM・デムーロ騎手。
3連複フォーメーションの2列目に、適当にこの3人を入れていれば良いと思う。


中山7R

t2
6・ディールクルムがおります。
別にこれに勝て、とは言いません無理です。
そもそも、普通に乗ってこの馬が負ける事無いだろうし…。
前走は普通に乗れて無かったですけど、あれを2回やるようなら鞍上変えるべきでしょうね。
それこそM・デムーロ騎手でダートなら勝負服も似合うし。
この馬が勝つ前提で。

t3
8・シンヨモギネスは前走でディールクルムと同じ黒竹賞。
逃げ馬の外に付けて、そっちは粘って1着。こちらは脱落。
JRAよりも、地方でよく見るパターンですね。その位置が入れ替わっていたら、結果も逆だっただろうな…のやつ。

9・フルネーズはディールクルムと同じG1レーシング馬でノーザンF馬。
新馬から騎乗していたのが石川裕紀人騎手。
初戦は3着で、これなら1勝は堅いぞ「先生お願いします!」でC・ルメール騎手が乗って1つ勝ち。
芙蓉SでOPの様子を見て→アカン。
1勝クラスで→ んー、横山武史騎手でもアカンかー。
からのダートです。
石川裕紀人騎手がこの馬には1番本気だろうし、前で競馬している限りはノーチャンスでは無いです。
父エイシンフラッシュというのがカナリ厳しい部分ではありますが。

3連単になりますね。
6・ディールクルムが頭。
2~3着にシンヨモギネスとフルネーズ。
後は、HB印〇▲の2・ホウオウルバン、10・メイショウムラクモ。

頭数的にも高知の3連単をマキシマム競馬新聞の印だけ見て買うのと同じようなもの。
こうなります。

t4
うん。これ、やっぱり・・・まんま高知やな。

11・12Rは明日やりながら。
どちらも石橋脩騎手の調子次第な面もあるレースなので、それ確認してからですね。


明日、レースが確定次第、結果を随時更新していきます。



簡易版HBリスト

中山

阪神

小倉