皐月賞

皐月賞 過去成績

久しぶりに抜けた馬もおらず、混戦な感の皐月賞。
あまり詰めて考えるよりも・・・僕は、嵌まればラッキーくらいの感じて買う予定。
と、まあ、あまり自分の考えは要らんですね。
先に、この世代の概要をザックリと。

ホープフルSのその後成績

1
上位馬はその後も2000m以上のレースに出走して重賞でもそれなりの結果。
この路線で2歳のG1上位は、しっかり意味があったレースでした。

朝日杯FSのその後成績

t2
こちらも優秀。
マイル以下でならば重賞を勝っています。
クラシック路線に顔を出した馬はしっかり返り討ち。

昨年の時点でかなりハッキリ路線分けが済んでいますね。
今後もこれは続きそう。
ホープフルSをG1にして良かった、という結果でしょうか。

桜花賞であれば、この王道路線だけ見て決められるのですが・・・牡馬だとちょっとややこしくなる。
別路線からは、共同通信杯のエフフォーリア、スプリングSのヴィクティファルス、若葉Sだとアドマイヤハダル、きさらぎ賞のラゴームが人気上位。
しかもそれらは内目に枠に集中してる。
というか、10番ゲートまででノーザンF馬が8頭とな。
桜花賞がトータル11頭のNF馬で、皐月賞が10頭。
いつか18頭全部NF馬・・・までありそ。

もう1つは皐月賞自体。
過去はこんな。
t3
人気薄でも頭まである。
し、
人気上位が全部ぶっ飛ぶ事もある。

そして中位人気以降で来る馬も
t4
外目の枠からって決まっています。
逆に、人気で来るのは内枠ばかり。

今年のように、内外で人気がキッパリ別れているような年なら・・・いっそ、もうそれだけで済ましても良いかもしらん。

過去のHBリストでは
過去のHBリスト
t1
1ブロック目位内での決着がデフォで、たまに2ブロック目から1頭。
今年は・・・
t5

1ブロック目と2ブロック目の指数差は「2.3」と小さい年。
2ブロック目からも来るパターンですね。

印上位に入っており、外目の枠で、1桁人気後半。
・・・というのは13・タイトルホルダーしかおらず。
うん、決めやすくて良いんじゃないかと。

次順では皐月賞で最強の4枠を得た人気2頭をとりあえず。
同時に、そこらが全部飛んだ時用に2ブロック目からも用意しておきましょ。

印だと

◎13・タイトルホルダー
〇8・ダノンザキッド
〇7・エフフォーリア
注11・ディープモンスター
注15・グラティアス
△1・アドマイヤハダル
△5・ヴィクティファルス

これを3連複フォーメーションでやるとこんなかな。
t6
明日、馬場やオッズ見てちゃんと買いましょ。

と、書いたと思ったら消えてました。改めて。
皐月賞で難しいところは、もう1つ先にダービーがあるという点。
今回人気になっている馬達は良い意味でも、そして多分、悪い意味でもダービーが見えてます。
出来る事と能力がハッキリしている中で1番皐月賞に振れるのって…タイトルホルダーだと思う。
他ですと、ダービー前の皐月賞という部分があるだろうから、やはり次も考えた上でのココになってしまいますよね。