東京11R プリンシパルS

今年もダンスインザダークはいないようなので…近年通りにやっていきましょ。
重賞じゃ無いので過去成績の記事は無し。
なので、手動で。

・HBビューワの「コース」を選択。
t1
東京芝2000mの勝ち馬一覧の画面を開きます。
→ 東京芝2000m(無料会員登録でご利用頂けます)

ここで、ヘッダ部分の「レース名」を選択でレース名順に並び替えて、更に「プリンシパル」のセルを選択すると「プリンシパルS」のみの表示になります。
t2
勝ち馬をパッと見ると…内目の枠で先行している馬という感。
上部にあるボタン「上位10レース詳細」を選択で、ここに表示されているレースの全出走馬を一覧表示させてみましょ。

選択レース詳細ビューワ
(通常版のご契約専用)
t4
ヘッダ部分の「人」(人気)を選択して人気順に並び替え。
1~3番人気だった馬達を見ると…。

・「後半」印は必須
 見事なまでに、人気馬でも「後半」無印はぶっ飛んでますね。

・1、2番人気になるような馬なら、前走1勝クラス程度だと足り無い
 レッドローゼスは単勝オッズ1倍台での勝利でした。
 OPで人気で凡走か、G1からぐらいが手頃かな。
 結局…あまり「盛られていない」普通に前走好走の3番人気前後くらいの馬が今走でも安定。

・マイル路線からもダメそう

ああ…この時点でモーリス産駒のジャックドールはアウト。
だけれども。
それとは関係無しに、2着固定の3連単だけは買います。真似しない方が良いかもですが…。
走るならピッタリ2着で、そうで無ければ、どこにもいない想定という事で。

ショートカットボタンの、着順の欄「1-3」を選択して1~3着馬のみの表示に。
t5
ヘッダ部分の「着」(着順)で着順に並び替えてみると。
t6
1頭決めて正解引ければ、相手は「後半」印入りへ流すだけ。
これで少なくとも馬連は貰えますね。
人気馬の取捨でもそうですが、普通に相手でも「後半」重要。
しかも人気薄でも内枠の馬が「後半」持っていれば、ソコソコ来てくれます。

後は3着馬問題のみ。
HB印入り、オンリーから1つずれて7位が混じってきちゃうです。
HBリストであれば2ブロック目の前半まで広げておけば漏れる事はなさそう。
そして、人気薄で印不足でも来るのって…ひらがなレース名の1勝クラスで地味な結果だった馬だったりもします。
ここらは、うん、雰囲気で!拾えるような拾えないような。

以上がプリンシパルSの過去成績から今回の馬券に使えそうな要素。
今年の出走馬から同じようなタイプを選んで行けば良いんです。
この時期の3歳限定戦、しかもクラシック路線なんて毎年同じ事しか繰り返していなしね。

当日一覧ビューワでみてみると。
t7
想定人気上位は未勝利、1勝クラス…。
内枠引けて「後半」印入りは、2・バジオウ、6・ディオスバリエンテの2頭で、人気的にも手頃ですね。
この2頭、どちらか納得行けばそこから。
そうで無ければ…レース自体をスルーするのもアリでしょう。
京都新聞杯もやる気にならんので、新潟12Rで枠連3-5と、3連単の3・11からのオッズをチェックしてれば良いかと。

2択なら…6・ディオスバリエンテを
t8
堀厩舎の東京芝の複勝率は50%越ですね。
鞍上、C・ルメール騎手じゃなくても?
なくても、複勝率滅茶苦茶高いです。
そもそも…ですが、ノーザンF馬の芝の新馬戦。
今期の堀厩舎はこんなでした。来月からまた新馬始まるので、その時にまた思い出してくださいな。
t9
レーンorバシシューのみ。
カナリな良血ディアデラノビアの仔でさえ石橋脩騎手スタートでした。
全新馬戦でも。
t10
C・ルメール騎手が乗ったのってエスコバルの1回だけ。
異常に新馬は走ります。
これは毎年そうなのだけれども…近年は2走目が続かない。
重賞では特に返り討ちばかり。
そして暫くした後にC・ルメール騎手が乗って走るんですけどね。
ここまで石橋脩騎手に集まったのも、コロナで外国人騎手が来なかったから。
ので、正直、石橋脩騎手もそろそろ結果出さないと…と思っていたのですが、今年も海外から来る事は無さそうなので一安心。
と、本人はそんなノンビリしてはいないだろうから頑張ると思う。

そんな人間要素は確かにあるのだけれども、もっと単純に新馬戦自体が優秀でした。
負かした馬達も上位はほぼ勝ち上がっており、重賞でも通用しています。
そりゃあ…年明け初戦の2戦目に共同通信杯使う気も分かる。
不運な事に力負けもあるけど、あそこもメンバー揃い過ぎちゃいましたね。
最後は追って無いし、相手が格段に落ちたここなら。

相手も簡単に、HB・後半印入りの馬達。
t12
3連系よりも、後半印入りへの馬連メインでしょうかね。ざっとは流しておきます。
もちろん、ジャックドールの2着固定&1・3着にディオスバリエンテは買います。

木村哲也厩舎+C・ルメール騎手は確かに怖いのだけれども、レースの傾向的には違うので…印だとこんな。

◎6・ディオスバリエンテ
〇2・バジオウ
注4・セルジュ
△1・ジャックドール
△8・ヴァイスメテオール
△3・レンツシュピッツェ
△10・スペシャルドラマ

ずっと8枠を引き続けてきたセルジュが、まあまあの印を得て、この人気で江田照男騎手で、内枠。
来てくれれば跳ねそうですね。