東京11R NHKマイルC

NHKマイルカップ 過去成績

例年に比べて多分、世代のレベルはカナリ低い馬達。
クラシック路線でそれなのですが、今回のマイル周辺の馬達は更に下。
ここもまた牝馬の方が上位な時代になりそうな…。
そして、昨年の2歳G1の上位がずっとランキング変わらずに、この世代では上位のままな感。
クラシック路線ならホープフルS、マイルなら朝日杯。
実際、昨年のグレナディアガーズのハイブリッド指数を抜いた馬は春になった時点でも現れずのまま。

年明けならば…1つは共同通信杯。これは皐月賞の結果でもそうでした。
今回のマイル路線だとアーリントンCでしょうね。
出走馬も多いけど「とりあえず叩きで走りました」以外の馬以外でもう1段階望めそうなのが多かったレースだったと思います。

そんな2頭がこれ。
t1
1・レイモンドバローズは未勝利→1勝クラスを連勝しての前走。
松山弘平騎手がずっと乗っていましたが、前走はQE2のために浜中俊騎手へ。
でもここでは枠がよろしくないので、もう1頭の方を上位に。

5・リッケンバッカーは未勝利でずーーーーっと崩れず走っており、ようやく勝ち上がってのアーリントンCでした。
それまでの鞍上も豪華です。
上記の松山弘平騎手スタートで、川田将雅、C・ルメール騎手という…よく捕まえたなあのラインナップ。
今回だって幸英明騎手は先約があったけど、代わりに横山武史騎手ですからね。
今の競馬だと派手?で目立つのはもちろん、間隔開けて余計なレースを使わずにずっと好走するタイプ。
…なのだけれども、2~3着辺りに地味で人気薄で来るのは、昔からもよくある同馬のような馬。
下のクラスで使いまくって経験積んで、しかも、相手も弱いのでダメージも少なく済ませたパターンですね。
今後も凄く出世する…って事は無いでしょうが、大きい所でチョロッと着を取ったりはします。
今回それが起こっても良いじゃない。
と、何の印も入っていない馬なので…勝つ事は無いでしょうね。
2~3着というかごちゃついた中でのギリ3着的なポジション想定。
データ抜きで(抜いたらアカンけど)個人的に1番買いたいのは同馬です。

朝日杯FSのその後成績

HB成績ビューワ 朝日杯FS(無料会員登録でご利用できます)
t2
アーリントンCとNZTの勝ち馬を出しており、ファルコンSではグレナディアガーズが2着。
ここに出走せずに、マイル路線の重賞上位だったのがシンザン記念のルークズネスト、ピクシーナイトのモーリス2頭。
そしてシュネルマイスターを入れたところまでが予想材料でしょうかね。

シュネルマイスター…僕も好きなキングマン。
同じ父のエリザベスタワーが英語表記の社台Fでイギリスの馬でした。
こちらは英語表記のノーザンFでドイツ。
んー、グレナディアガーズの父フランケルは明らかにタイマー内蔵型ですよね。
あるタイミングでパタッと1回止まる。
キングマンもそんな感じで、しかもそのタイマーがやたらと短い印象。
今回既に切れてたりしてもおかしくは無いなと。

という事で、多分…桜花賞的な決着になりそ。
2歳G1上位+1桁人気後半くらいの組み合わせ。
外枠の差し馬で手頃なのがいれば良かったのですが…イイ感じの馬もおらず。

◎8・グレナディアガーズ
〇4・バスラットレオン
注5・リッケンバッカー
注13・ホウオウアマゾン
△18・ピクシーナイト
△3・ルークズネスト
△1・レイモンドバローズ
△15・シュネルマイスター
△7・タイムトゥヘヴン