東京11R ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 過去成績

凄く単純に、枠の話。
過去の1~3着馬を枠番でならべてみる。
t1
真ん中で半々の出現数ですが、前半の枠は人気薄ばかりですが勝ち馬はこちらの方が出しておりますね。
毎年ヴィクトリアマイルの時にBコースに変わるのでその影響でしょう。
にしても、カナリ効く要素。

5枠以降であれば、HB印入りか前半印入り以外は無視して良いレベル。
いかに内枠で良さげな馬を拾うか…というか、いっそ全部買うかってところですね。

そして荒れている原因としてもこれ。
過去のHB印◎○の馬達は…。
t2
毎年毎年…外目においやられているです。
ので、これ、枠が違えば着順だって違ったのに…的に勝ち鞍を落としてました。

今年は
6・グランアレグリア
t3
ハイブリッド指数で80出して、牡馬混合のG1連勝しちゃうような馬が枠も恵まれて…。
こんなのに無理に逆らう要素も無いなと。

ただし、馬券的にはセオリーとして2着付けも持っておくべきだし、馬連買う方なら枠連も考えてくださいね。
同枠にデゼルがいて、それでも馬連・枠連の配当が殆ど変わらない目もあるので。


相手としては…。
・牝馬路線でブレた使い方をしていない
・今の重賞はどうしたってディープインパクト
・枠に恵まれた
・分からんけど「前半」印

というところ。

牡馬と当たらないとこでの牝馬の序列は1回このレースでついてますね。
愛知杯のその後成績
t4
今年はわりとメンバーも集まった中で、トライアルでも何でもない、春前に1回本気で走ってもOKなレース。
阪神牝馬S、中山牝馬S、福島牝馬S、この3つで上位馬をだしてます。
1・2着馬は後ろを離していたし、ディアンドルも前で競馬した馬が最下位、ブービーの中で逃げて粘ってた方です。

これに別路線の馬を合わせて、枠と印見れば決めら



1・マジックキャッスル
t5
馬としては毎回やる事は一緒です。
別にスタートは悪くないものの、ゲート出て下げて、なるべく内々回って最後伸びてくる。
人間サイドなら、国枝栄厩舎+戸崎圭太騎手。
重賞でこの組み合わせって、O・マーフィー騎手が不在という面もありますが今はこんなです。
t6
全部ディープインパクト。
勝負になる馬はC・ルメール騎手の次に戸崎圭太騎手という感。


9・テルツェット
t7
昨年のサウンドキアラと似た感じで、ガツガツ連勝中。
1勝クラスからずっと勝ち続けて前走で重賞制覇。
レイパパレみたいですね。
もちろん、ディープインパクト。
負けるまでは…買うしか無いかなぁ。
人間サイドだと。
何だかんだで重賞のM・デムーロ騎手は頼りになります。
それもあるけれども、和田正一厩舎の下の数字。
赤文字で「42.9%」とありますが、東京芝の複勝率です。
関東厩舎なので主戦場です、そこでこの数字は非常に高い。
国枝栄厩舎より上ですからね。
正直…地味な厩舎なのでイメージ無かったかもですが覚えておいてくださいな。
しかもHB印入りだとこんな。
t8
複勝率で70%超えちゃうんですよ。
これ、C・ルメール騎手以上の成績です。
騎手じゃなくて、厩舎でこれは…おかしい。


◎6・グランアレグリア
〇1・マジックキャッスル
▲9・テルツェット
注14・ディアンドル
△8・ランブリングアレー
△12・サウンドキアラ
△3・クリスティ
△4・イベリス

5・デゼルと18・レシステンシアは、理屈の上ではそこまで嫌う必要も無いです。
でもヴィクトリアマイルって謎の補正が入って、そこらの人気馬いつもいないです。
そして、デゼルであれば人間サイドで微妙。
友道康夫厩舎、東京の重賞って下手ですよね。芝の重賞で人気馬1番飛ばしているのここ。

大外枠引いたレシステンシアなら、鞍上込みで、控えて競馬しても大丈夫そう。
前走でそれはやりました。
馬は良いのだけれども、武豊騎手が…。
東京芝の外枠の人気馬滅茶苦茶悪いんです。
近1年で3番人気以内だと。
t9
どちらも3連系なら3列目or3着に入れるくらいの扱いで。
せっかくのヴィクトリアマイルです。
配当に寄せたい気持ちもあるし、そんなレースだし。