今年のG1はこれまで14レース。
3着以内で同着は無かったので、馬券圏内の3頭、合計42頭を見てみると。
騎手別の回数ではこんな。
t1
改めてみると、そりゃそうだ…感はありますが、複数回勝利しているのは上位3人の騎手。
リーディング順そのままですね。
圏内の回数を考えると、3人全部消す、はまあ無理だこれ。
2人+1頭がデフォで、3人から1人選べれば、少なくとも3連複ならほぼ大丈夫。

の、前に。
そもそもG1であれば、ハイブリッド競馬のデータ的には、後半・ハイブリッド指数の2要素がメインとなります。
「後半」順に並び替えると。
t2
「注」までで26頭、約半分をカバーしておりますね。
それを消して、ハイブリッド指数順に並び替えると。
t3
HB印で「注」までが9頭。
「後半」上位を抜いているので、逆に「前半」上位が固まっております。
更に、ここからHB印上位を消すと。
t4
「後半」「HB」印で「注」未満だった馬達は7頭。
枠番順に並び替えてあるので分かると思うけれども、それで何とかなるのは…内枠の馬達。
ダートのフェブラリーSを除けば、印で足り無い馬の中で来たのは川田将雅騎手のみでした。


と、いうのがハイブリッド新聞的なG1。

では騎手別に見てみましょ。

続きを読む