カテゴリ: 明日の競馬

明日からは新潟が始まりつつ。
新潟ダートで探す目標とする馬
東京、京都でも買ってみたいレースがいくつか。
前日時点はザッとみておいて、当日にオッズ見ながら買い目を作る感じかな。

東京4R

1番人気想定は
t1
14・マジカルマジカルでC・ルメール騎手の騎乗。
流石に…前走のハイブリッド指数は低く、今回は無印です。
ここに人気が集まるのであれば、他の馬から。

この4頭ですね。
t2
1・エルメームは今回が初ダート。
「追い切り指数」は「A」の52を出しており、HB印◎でHBリストでは当然1番左の箇所にいます。
2・ゴールデンエポックは、前走に引き続きD・レーン騎手が騎乗。
初日のD・レーン騎手と今のD・レーン騎手は別物です。
というか、初日だけが別人でしたね、中の人が違ったのでしょう。

9・アルピニズムは、最近はすっかり影が薄くなり騎乗も雑でやる気も無いM・デムーロ騎手ですが、それでも、吉田性の馬に乗るときは頑張る。
11・ネオストーリーは再びダートに戻して「推定」後半1位。
頑張れ石橋脩騎手、でもあります。


手頃なオッズになりそうな4・アルファジップは鞍上が田辺裕信騎手。
んー、残念。
せっかくL・ヒューイットソン騎手が居なくなったのですが、今週は外国人騎手が3人も揃ってしまいました。
こうなると…ダメですね。


東京6R

14・トミケンレゲンダは前走で「詰脚」が「黄色・赤」のパターンで勝利。
t3
これなら1つクラスが上がっても通用します。
相手も指数的に抜けている2頭。
t4

と、その前に。
近所のスーパーが閉まる前に買い物に行ってきます。
また後ほど。

続きを読む

明日はG1・天皇賞(春)ですね。
フィエールマンとユーキャンスマイルを抜いたら・・・万葉Sなのでしょうけれども。

京都11R 天皇賞(春)

想定版をみると

現在の古馬重賞、牝馬戦を短距離を除くとこのような状況。
t1
3歳と違って古馬は、今でも競馬イコール「ノーザンファーム」のままです。
じゃなければ・・・お金積んでディープインパクト買ってね。です。

近年とちょっと違う感に思えるとしたら、それはC・ルメール騎手が1勝しかしていない点。
それもそのはず。
だって。
t2
ノーザンF馬では2レースしか出ていないのだから。
社台馬のステイフーリッシュでAJCCの2着があるので、全部で3回ですね。
アーモンドアイ回りでゴタゴタしたし、アーモンドアイに乗るので他の馬の前哨戦には乗っておらず・・・もありますね。

そんな18・フィエールマン、大外枠というだけで嫌われているようですが・・・。
枠の不利はあったとしても、他の人気馬の状況の方がよっぽどマズイですよね。
7・ユーキャンスマイルは浜中俊騎手に乗り替わり。
8・キセキは凱旋門賞から帰ってきて以降はイマイチで、実際に有馬記念では同じフランス帰りのフィエールマンとは大きな差。
更にここで乗り替わり。
外枠以上に、そっちの方が問題大きそうな感。
レース以前に上手く行っておりません。

ラジオNIKKEI賞からぶっつけで菊花賞勝った馬ですよ。
その能力と、今年は芝で3勝の浜中俊騎手とC・ルメール騎手を比べれば・・・14・フィエールマンの方が断然恵まれているかと。

相手で手頃そうなのは・・・こんな時の池江泰寿厩舎。
12・シルヴァンシャーは大丈夫と言えば大丈夫だし、だいじょばないと言えばだいじょばない。
厩舎の観点から見ると。
t4
サンデーR+ノーザンFは馬も騎手も供給が細くなってきております。
特に騎手。
何だか縛りがあるのか、池江泰寿であれば。
t3
本来はこの騎手を乗せるべきですよね。
素で複勝率80%近くあって、回収率も悪く無い。
これ、川田将雅騎手です。
同騎手が池江泰寿厩舎に騎乗した時の成績。
サンデーRは何故か、この組み合わせを嫌がっている感。

その替わり。

続きを読む

明日は…HBリスト使って福島ですかね。



先週の福島だと
t3

基本は2列目以内から軸馬の選択。
馬連なら3列目以内での組み合わせで、どうかな?を考えつつ。
3連系ならもっと広げて人気薄の1頭でも拾えれば勝ち。
という、非常にザックリとした方法です。

先週の福島の馬場傾向は
HB馬場傾向
これもカナリ参考になります。
ちなみに、予想する時はこんな。
t4
HTML版3ハロンシートで1つのウインドウを開いておく。
リンクを選択する度に、そのウインドウ内でタブが開くので、予想が終わればウインドウを閉じてしまえばOK。
いちいちタブ閉じる手間が無くて良いです。

明日の分で選択すると。

福島


続きを読む

重賞は2つあります。
フローラステークス 過去成績
マイラーズカップ 過去成績

ありますが、それはまあ・・・明日考えても良いかなと。
明日は日曜日。
新聞作成の作業も無いし、競馬をしながら競馬を考える事が出来る時間があるのです。
とか言いながら、きっと目の前のレースの、C・ルメール騎手かD・レーン騎手か?
松山弘平騎手か幸英明騎手か?
スガワラが1つ、スガワラが2つ、スガワラが3つ・・・のように、ずっと遊びほうけてしまうんだろうなあ。

それはそれで1つの競馬の楽しみ方です。
楽しみ方の「方」は、とっかかりとも言えるかも。
1つのレースに対して、最初の一歩目。キック(kick)ですね。
例えば、明日の福島だとこんな。
無料版であれば、この騎手一覧をお使い下さいな。
t6

ハイブリッド競馬新聞会員の方は、トップページの「HBビューワ」→「騎手成績」からどうぞ。

凄く簡単に、騎手という切り口です。
今の福島では5人覚えておけばOK。

1日2菅原

t1
単勝オッズ10倍以上、というか、明らかに人気の無い時に「菅原明良」という名前を見つけたら印を入れて下さい。
特に芝のレースで。
ダートならば4~6番人気辺りの中位人気の時に。
また、内・外の枠、1・2・7・8枠の時には更にプラス。
以降の騎手もそうですが・・・理屈じゃ無いんです。
理屈を使うのは、この騎手要素以外で馬を選ぶ時ですね。

以前は1日1回人気薄での圏内だったのですが、ケガから復帰してパワーアップしました。
今なら1日2回は可能。

続きを読む

東京はもう…



HBリスト 4/25
7・9・10RでD・レーン騎手の逆転を狙いつつ、トップ2人の外国人騎手からの序列で2番手以降に収まりが良さそうな日本人の騎手を3連複の2列目に、という方法でしょうか。
大野拓弥、田辺裕信騎手ですね。
特別以降はL・ヒューイットソン騎手を挟みつつ。

やる気に溢れる石橋脩騎手は…勝ちに行って圏内外すパターンの方が多そうです。
勝つなら5Rで期待。

週中にビューワの使い方でみた

東京11R オアシスS

重賞以外の特別レースも同じデータで過去分を


続きを読む

土曜日は雨でどこもシンドいな…って見ていたら、佐賀が超快晴!
別世界で競馬しておりましたね。

中山11R 皐月賞

せっかくのG1です。まずはザックリ俯瞰してみましょう。
Twitterにアップした


ノーザンF生産馬、古馬重賞と比較して見ると。
4歳以上の今年の重賞勝ち馬。
t1
流石の成績。しっかり勝っております。
反面、3歳重賞だと
t2
怒濤の2~3着力。
牡馬で勝っているのは、関東の厩舎のみ。
1頭はサトノフラッグで国枝栄厩舎。弥生賞自体も1~3着はNF馬独占の結果でした。
もう1頭はルフトシュトロームの堀宣行厩舎。
どちらも厩舎自体の能力が高いところで、輸送無しの競馬場での物。

ちょと前とは景色が違いますよね。
例えば関東であれば、木村、手塚、大竹厩舎辺りが毎回「外厩」に出して、そこらの重賞で好走していたはず。
…それが、手塚厩舎はマルターズディオサで木村厩舎はオーソリティで重賞勝ち。
どちらもワーケア、オーソリティ・スカイグルーヴでそこそこの着は獲ってはいるものの、実際に勝ちきったのは別陣営でのもの。
反面、古馬の重賞ではプリモシーン、大竹厩舎はブラストワンピースで重賞は勝っています。

この3歳世代から、再びゲームのルールが変わった感。
数年前の起点として、関東のノーザンF「外厩」である「天栄」からのスタート。
レイデオロがぶっつけの皐月賞で叩いただけ→ダービー制覇、しかも青葉賞の藤沢和雄厩舎がダービー制覇です。
アーモンドアイが出てて来て、ブラストワンピースが有馬記念を勝って…。
それまでの下準備が諸々あって徐々に結果が出始めて、最終的に成果としてそれまでの競馬の歴史を変えてしまいました。
次に起こったのは、関東時代から関西のアッサリ復権。
同じノーザンF陣営で関西の「外厩」である「しがらき」は関西の厩舎力と共に、グループで積んだノウハウ活かしてアーモンドアイ以外を軒並み倒してしまう。

その間、他の陣営だって何もしていなかった訳ではありません。
せっせとNF陣営にキャッチアップをはかり、その技術を高めていました。
「出来る」という事が証明されれば、それを目指すのも、全く何も無い状況より全然楽ですよね。
パイオニアに続く2番手グループの方が、基本全てにおいて有利なのは何処でも一緒。

同時に、NF馬を管理していた厩舎だって成長します。
ずっと成功に携わっていたのですから、それなりの技術移転だってありますよね。
なので、ここ数年はずっと「またノーザンFか!」と嫌気を差していた方にとっても、競馬界全体に大きな恩恵があったのは認めて欲しいところです。

そういったバックグラウンドがあって、コントレイルだって皐月賞にぶっつけだし、手塚貴久厩舎のマルターズディオサだし、木村哲也厩舎のダーリントンホールだし。

少し前と比べて、馬個体の能力+NF陣営の管理パワーは他の陣営と比べて差は縮まってきたと言えます。
3歳世代で今起こっているのはそんな事。


以上が前置き。
さて…皐月賞ですね。

続きを読む

世界中が混乱の中、それでも短期免許で乗りにきたD・レーン騎手。
そのハートで、気が済むまで勝ってくれ!って思います。

阪神11R アーリントンC

アーリントンカップ 過去成績
想定版をみると

もう既に昨日の時点で半分以上は予想終了です。
一応補足を入れるとすれば、朝日杯FS組はなんだかんだで優秀。
同レースの「以降成績」を見ると。
t1
昨年はここからクラシック系へ向かう馬が多く、アーリントンCへの出走は無しでした。
2年前、ダノンプレミアムが勝った世代はタワーオブロンドンがアーリントンC、ケイアイノーテックがNHKマイルを勝利して、春のここら路線を制しておりましたね。
そもそも…ではあるけれど、そのために時期変更して、同じ阪神1600mでやっているのだから当然と言えば当然かなと。
今年はそこからタイセイビジョンが出走です。
あの時のヒエラルキーは変わらないのが基本なので、ここでもスライド。

そして。
もし、ダノンプレミアムが皐月賞に直行していたら?が、ある意味今年は見られます。
エポカドーロに勝てたかも知れません。
或いは、アドマイヤマーズが共同通信杯を使わずに直行していたら?
今までも阪神の朝日杯からクラシックに向かった馬は多いですが、まだ直行のローテは無いです。
技術的にそれが可能となった今、実は最適解だったりするのかもですね。

◎6・タイセイビジョン
〇5・ジュンライボルト
注12・グランレイ
注1・ノルカソルカ
△4・トリプルエース
△9・プリンスリターン
△7・ボンオムトゥック
△10・ギルテッドミラー

△以下は、HB・前半・後半で▲以上持ちを機械的に拾っただけですね。
もしトリプルエースが好走するようであれば、先日亡くなったシャマーダルさんには良い手向けになりそう。


続きを読む

関西は明日、朝から雨の予報。
桜花賞の時には稍重くらいになっているかもですね。

阪神11R 桜花賞

桜花賞 過去成績

毎年難しいのだけれども、今年もまた…印回らない系の馬が多くオッズは割れ気味。
前日時点でデアリングタクトが1番人気ですか。
もう嫌な予感しかしないな。
時間を使うのであれば、正直…明日の佐賀のWIN5の方が見合ったリターンは得られそうな感。

桜花賞の近年の歩みはこんな。

データパック

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2
ずっと続いているのは「やっぱチューリップ賞やな」が、レースが終わってから漏れるセリフ。
他に別路線の誘惑が多く印が回らない状況になって、中位人気辺りのチューリップ賞からの馬が圏内に入るパターン。
関東馬にしても、まずはチューリップ賞から桜花賞へ、がお約束でした。
それが、ルージュバックの経験を糧に、アーモンドアイ・グランアレグリアと1回関西の重賞使って休ませてからの本番ぶっつけで結果出せるようになりました。
ちょっと前に流行った「外厩」パワーですね。
関西馬の工夫も始まって、こちらは逆に関東遠征、クイーンCを使う方法。
レーヌミノルやクロノジェネシスのような、トップよりチョイ下の馬に有効でした。

今年は、というか、今年も阪神JF→チューリップ賞は上位の顔ぶれは一緒で着順が違うやつ。
別路線の馬にはおあつらえ向きだし、そろそろ転換期な感がある。
桜花賞の上位3頭中、最低2頭はキープして来たチューリップ賞も、昨年はその手法を確立したNF系の関東馬にやられ、更にチューリップ賞をパスしてクイーンCに回ったクロノジェネシスにも食われてしまいました。
今年辺りはもう、チューリップ賞組が消えても良い頃合いなのでは?

そもそも…ですが、メンバー揃ってキツイレースになるチューリップ賞を勝っても、桜花賞では何も良い事が無い。
基本、阪神JFからのスライドなので、もう1回やっているし、前哨戦で頑張っても本番に悪影響なだけ。というレースになりつつあります。
今後は弥生賞みたいな扱いになっていくのかも知れません。
有力馬が誰も積極的に使わなくなってしまった前哨戦のアレ。


以上のような流れがあったとして…が前提条件。
であれば、チューリップ賞以外から枠と印が揃った馬を拾うだけ。
おっと、一気に桜花賞がイージーモードになりました。

続きを読む

↑このページのトップヘ