カテゴリ: 明日の競馬

中山、中京のダートをやりたいので、早めに重賞終わらせたいところ。

阪神11R チューリップ賞

人気も指数も1番手は4・レシステンシア。
問題ばかりの北村友一騎手、今回は内でゴチャゴチャするのは避けたいだろうから、早めに抜け出すか外を回すか・・・。
前回のように内に突っ込む事は無さそうですね。

レシステンシアと同タイプだと、過去にはメジャーエンブレム、ソウルスターリングがおりました。
阪神JFを前目の競馬で勝って、次走のトライアルでもしっかり勝って・・・本番で負けるやつ。
もし前走同様の競馬をすればレシステンシアは、ここは勝てる。
けれども、それをやってしまうと、本番では別の馬にやられてしまうのでしょうね。
阪神JFを逃げ・先行で勝ち切る時点で明らかに能力は上なのですが、桜花賞はそれでも前へのアタックが厳しすぎ。
陣営としても、そんな事は分かっているはずで、もし控える競馬をするのであれば、今回がラストチャンス。
そんな分岐点。

チューリップ賞自体はこんなレース。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2
印では「推定」後半上位の「注」で大体カバー出来つつ、HB印▲以上。
人気馬2頭+人気薄の差し馬が1頭というのがデフォ。
そんな変な馬も、大体はノーザンF・ディープインパクトに限られておりますが・・・。
変に捻るような事を考えないのであれば、そこらを探すのがチューリップ賞。

過去のHBリストでも左の1番手、HB印◎の安定感は抜群。
同程度で「推定」後半3ハロン印◎ですね。
どちらも過去6年で1度ずつしか圏内を外しておりません。
t1
今年はこれ。
4・レシステンシアは、印でもソウルスターリングとほぼ同じ。
ミスパンテール的な馬をいれば良いのだけれども・・・今年、そんなのいるかなぁ。
脚質が入っているのでPDF版で見ると。
t2
データの見方は → コチラ

4・レシステンシアは「推定3ハロン」では前半1位、後半3位。
2つともランクインで、これは過去を見てもちゃんと来ております。

13・マルターズディオサはHB指数は2位、後半2位。
関東馬で、非ノーザンFの手塚厩舎と後ろ盾は弱い。
これがフィエールマンのように、ノーザンF馬であれば違うのだけれども。

1・クラヴァシュドールは、M・デムーロ騎手と中内田厩舎の珍しい組み合わせ。
後半◎なので滅多な事が無い限りは圏内は大丈夫。
ただし、1枠1番は良く無いし、鞍上のM・デムーロ騎手も微妙。
わざわざ藤岡佑介騎手降ろしてまで乗せたのですから、勝ちにはきているのでしょうね。
同じような人気と印では過去にジュエラーで2着はありました。
まだマトモな頃の同騎手だったけど。

10・スマイルカナは前半2位。
今回は丹内祐次騎手に乗り替わりで、柴田大知騎手よりも全然良い。
この勝負服ではありみないディープインパクト産駒で、今回同馬が唯一のディープインパクト。
ひいらぎ賞も、フェアリーSも負かした馬達のその後も優秀な結果。
しかも、先のG1よりも目先のG2だろうし、1番勝ちに来ているのは同馬かも。
でもそうなら、フラワーカップに出れば良かったのに・・・。
ここで逃げて勝つには、NHKマイルC勝てるレベルが要求されます。
正直そこまでの馬じゃ無いですよね。
ニシノデイジーのように、この後バンバン追い抜かれて行く系だろうし。

7・ウーマンズハートも、前半5位、後半4位とW印。
ゴドルフィン、西浦厩舎と、重賞の2~3着辺りでカナリ無難。
中山のタワーオブロンドンとW勝利、までゴドルフィンは狙っている可能性はありますね。
・・・少なくとも東西の金杯の時よりも確率は高い。


ここまでが基準HB指数を超えている馬達で、このゾーンかは2頭は来る計算。
そして例年のパターンで来そうな変な馬ならこの3頭辺り。

t3
ノーザンFの2頭からの選択なら、せめて1勝クラスから・・・の6・ショウリュウハルの方が無難。
馬的な武器は乏しいですが、3頭の中では唯一の関西馬。
前走の勝利から間隔もタップリ空けて、後はもうアレです「しがらき」パワーに期待で。
ちなみに、佐々木厩舎のジャスタウェイ産駒は他にシックザールがおりまして、本日の川崎最終で勝っておりました。地方転厩して2勝目ですね。

5・チェーンオブラブは後半5位、ずっと「詰脚」は「赤」を出し続けており、前走で差して「赤」を出したのは同馬と14・ピーエムピンコと11・シャンドフルール。
HBリストでも6番手とギリ1ブロック目にも残っております。
また、この勝負服(とその一族含む)はコントレイル以降、結構調子が良いです。
コルテジア、ジャンダルム、ここにももう1頭シャンドフルールもいますね。
そういった物を込みで。

ピーエムピンコはあと1回走ってからここであれば・・・。
パッと見でわかるくらいに小さい馬です。
今回は斤量3kg増になっては、やはりキツイ。
自己条件に戻った時にね。


さて、レシステンシア。
多分、戦法は変えてこない感。
それよりも、ここを如何にロス無く勝てるか?に注力してそう。
過去のメジャーエンブレム、ソウルスターリングと違って輸送が無い関西馬というのも桜花賞に向けて大きな武器を持っていますし。
阪神JFの時と違うのは、そこに10・スマイルカナが加わった事くらい。
良い目標に出来る分、レシステンシアはプラスですね。
そこらに負けた上位の馬達からは、良い枠引けた13・マルターズディオサを。
チューリップ賞、毎年外枠は良いです。

◎4・レシステンシア
〇13・マルターズディオサ
注5・チェーンオブラブ
△7・ウーマンズハート
△1・クラヴァシュドール
△6・ショウリュウハル
△11・シャンドフルール


中山11R オーシャンS


続きを読む

ちょっとだけ普段とは違う競馬。
これを機会に、PATの加入率が激増…と同時に、普段はネットから遠い方も、競馬を入り口としてインターネットを使うようになるのかもです。
なんて方々がイキナリこのブログに辿り着くとは思わないのだけれども、せっかくです、こちらも普段とはちょっと違った方法で考えてみましょ。
中山記念の方はレースは別として馬券的にはあまり面白味は無いですね。
時間を使って考えるのであれば阪神で。

阪神11R 阪急杯

阪急杯 過去成績

使うデータは3つ。

ハイブリッド指数
能力指数ですね。

「推定」前半3ハロン・後半3ハロン
サンスポに掲載されていたり、今月発売される本に載ってたりします。

細かい数字は、とりあえずは気にしなくて良いです。
印にしてあるので。
この3つのデータの印で過去の阪急杯を見ると。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t2
単純に…荒れるレース。
3番人気以内からは1頭、4~6番人気の中位人気から1頭、2桁人気1頭。
大体こんなセットとなっております。
予想の前に、先に馬券を考えるのであれば、人気馬から選ぶよりも…その次順辺りからの方が、ここでは対応しやすそう。
上位人気が全部飛ぶ事もありうるので。
新聞を見る限りはそんな事も無さそうですが、実際にあった訳ですしね。

ので、頑張る部分はその次順の馬達を選ぶ事。
そして、2桁レベルの馬からも探しておきたい。

前提として、1~3番人気からは1頭しか来ない。
3頭から1頭であれば、選ぶよりも全部拾っておけば良いだけの事や。

4番人気~辺りだとここらの馬達。
t10
ハイブリッド競馬新聞には、縦・横の2バージョンがあります。
これは横版。
一般的な競馬新聞とは馬柱の向きが違います。
通常だと、右に行くほど新しいレースですが、この新聞は逆。
左の方が新しいレース。
最初は違和感あるかも知れません。
でもこの利点は、紙ではなく、タブレットやスマホ、PCのディスプレイで見た時に実感出来ると思う。
馬自体のデータと前走が隣り合っている事は、狭い画面では大きなメリットになります。
一覧性が確保された、決まった大きさの紙に印刷されているのであれば、従来のレイアウトでも良いでしょう。
でも、そんな紙が今後減る事はあっても増える事は絶対に無いです。
もう既にコストに負けてる。
1,000円出しても専門紙買うって方が多いのであれば話は別ですが…。
ネットプリントやPDFでの電子媒体でも、今は各種専門紙が発売されております。
それを紙ではなく、タブレット等で見てみれば1番分かり易いかもですね。
スクロール無しで把握出来るレイアウトは、このハイブリッド競馬新聞のレイアウトになるかと。
紙媒体から入った方には、慣れるまでは時間がかかって申し訳ないとは思うのですが、どうせこの先紙から入るよりも、デバイスから入る方が増えるので…。
現状iPadでも充分ですが、今以上にデバイス自体は進化します。もっと使いやすくなっていく。
この先生き残るは、このレイアウトなので、先に慣れていた方が良いかと。

と、話がずれた。
元に戻すと、上の4頭から選択しましょう、という事です。
過去のそこらの人気で来た馬は、結局は何かしら厚目の印がある馬達。
HB・前半・後半で、▲以上は欲しいところ。
開催ビューワの方が印は見やすいので、そちらで見ると。
t11
想定人気順に並び替えたものです。
4番人気~のマイスタイル以下で見ていくと、
4・マイスタイルはHB・前半◎
13・ハッピアワーは後半▲
15・ニシノラッシュは前半〇
1~3番人気に印が集まり過ぎ、内枠に固まり過ぎ、な感はありますが、そこ以外で印を獲れたのが上記の3頭。
人気の基準を満たすのは4・マイスタイルのみ。

マイスタイルの鞍上は田中勝春騎手。
普段の僕なら、その時点で即消し…とはいかないまでも3連複の3列目以上の評価をする事は無い騎手。
毎年順調に勝ち鞍を減らしていって、昨年はとうとう20勝を下回りました。
大きなケガも無く1年を通して乗り続けているのですが、5年で約半分の勝ち数まで落ちましたね。
上手くなる事はもう望めず、衰える一方なので、正直…若手に騎乗機会を譲るためにも引退されては?とは思う。
というのが僕個人の評価。
それくらい不安な鞍上なので、マイスタイル1頭だけでは大変心許ない。

なので。


続きを読む

明日から約3週間ほどはJRAも地方競馬も無観客で行われる予定。
滅多に無い事なので、これがどういう結果をもたらすのか?は、ある意味楽しみなところです。
多くのイベントが中止になって、学校も休校になって、とりあえず…集まるな!です。
賛否両論ありますが、未知な物に対しては打てる手段って実際こんなものくらいしか無いと思う。
耐えて時間を稼いで、爆発的増加を防いで、手に負える範囲にまで落とし込むまで待ちですね。
癌やインフルエンザや自殺の方がよっぽど死人は出ているのだけれども、それは「既知」のゾーンに属する物です。
「未知」と「既知」では、数字としての結果を比較しても意味ないですよね。
人類はずっと「未知」を「既知」変える作業をしてきたし、今後もそれは続きます。
今回もその過程の1つ。
そして、多分、次も同じような事が起こったら、同じような対応になるんじゃないかなと。
と言う事で、しっかり手洗いしましょ。
せめて…最低限、トイレ行ったら手を洗ってくれと。
隣の事務所の方々、飲食関係な集団なのに、殆ど手を洗わない。
ただただ気持ち悪いし、正直彼らを人間扱いして良いのかどうか迷うレベル。
もし食事に行って、あの方々が出て来たら、
「あ、お店間違えました」って即出て行くわ。

さて、明日はどうしよう…。
中山の…芝
でチラッと見たので、中山の芝でもやってみましょうか。

中山5R

開催ビューワを使います。
→ 土曜日分
昨年の1・2回と今年の1回中山を取り込んで見てみると。
芝1600mの未勝利戦はこんな。
t1
5番人気以内、HB印付きで1~3着が基本。
HB無印で来た馬達は、ノーザンF生産+クラブ馬、未勝利での初出走、C・ルメール騎手+藤沢厩舎ぐらい。
個人含めてノーザンF系は、騎手もちゃんとしているので無印でもオッズ見て拾っておくべきでしょうね。
勝ち馬であれば、流石にHB無印ではキツイ。

上の表は着順、4角通過順で並び替えてあるもの。
未勝利なので新聞の脚質の有利不利のデータよりも、一段階左に(逃げ方面)へ寄せて考えるクラス。
t2
ここだと、先行・差しが〇扱いで。
この脚質表に関しては



3月に発売される単行本にも詳しく載っているとの事です。

HBリストだと。
→ HBリスト 2/29
t3

1ブロック目での決着が9割。
紛れて来るなら、9・アクニディがNF生産のキャロットF馬で、5・ローズバルファンが「推定」前半3ハロン2位。
範囲としてはそこらまで。
HB指数3位までがそのまま1~3番人気の想定。
でもなー鞍上がねぇ・・・。

続きを読む

フェブラリーS

フェブラリーステークス 過去成績
フェブラリーS 想定版をみると

クリソベリル、ゴールドドリームはサウジCへ。
今後も同レースが行われるようであれば、日本のトップ馬達はそちらへ向かう事になりそう。
と言う事で、チャンピオンズCの1・2着馬はおらず。
東京大賞典・帝王賞の勝ち馬、オメガパフュームもおらず。
ついでにチュウワウィザードもおらず。

です。
ので、単純にまともなG1で上位に来た馬を選ぶだけ・・・で済むような気もしますね。
いわゆる「格」というやつです。

その上で、それでも勝ちに行かなければいけない中途半端な人気上位の馬が返り討ちにあって、その隙を突けるような馬の2~3着期待なのかなと。

5・インティ

t1
昨年のフェブラリーS以降、勝ちに行って負けたのはチャンピオンズCのみ。
ガンガン勢いに乗っての締めとしてのフェブラリーSでした。
どんなレースでも出走馬すれば勝てる・・・というレベルの馬でもありません。
今それが出来るのはクリソベリルでしょうかね。
なので、勝つべき時にはしっかり勝つ。それでも力負けしたのがチャンピオンズC。
外枠引いたり距離が違う時点で、もう勝つ競馬をしていなかったのが近走のそれ以外。
今回は?
内枠引いて、HB印◎となるメンバーで、勝ちに行かない訳が無い。
状況は全部揃って、そんな時の武豊騎手です。
前走でもキレイに負けて、「詰脚」は「黄色・緑」にまとめてあります。
このレース、「黄色・緑」or「青・赤」が前走で好ましいパターン。
同馬以外に合っているパターンでフェブラリーSを迎えるのは、他に「青・赤」のモズアスコットぐらいしかおりません。

インティ以上に格上の馬もいないし、しっかりハナ切って普通に勝つでしょうね。

12・モズアスコット

続きを読む

ぽつぽつと土曜日にも重賞が行われるようになりましたね。
明日も東西で2つあります。

HBリストは別の記事で上げてあります。
なので、せっかくなので
開催ビューワの明日分データ付きをどうぞ。

京都牝馬S

京都牝馬ステークス 過去成績

このレースのポイントとしては・・・。



既に日曜日の夜にアップ済み。

・外枠有利
・「詰脚」では「青・赤」パターンでとりあず「赤」偉い。
他だと。

ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んだTargetでの過去重賞の分析画面。
上段が1~3着馬、下段が1~3番人気馬。
印の並びは
M6:ハイブリッド指数(能力値)
M7:推定前半3ハロン印(順位を印に変換したもの)
M8:推定後半3ハロン印
各印は1~6位までで、◎〇▲注△▽の順になっております。
t1
・生産者名
ノーザンF馬は普通に上位ではありますが、この距離ならば社台馬も結構頑張る。
ゴドルフィンにも向く距離。

上記の3点を頭に入れて考えていきましょ。


開催ビューワで今年の1・2回京都芝外1400mを見ると。
t1
これまでの所は、勝ち馬はで内枠の馬が目立ちますね。
2・3枠で白い帽子の1枠はおらず、ついでに4枠もおらず。
印では「HB+後半」この上位での組み合わせ。
コース自体「後半」系で、過去の同レースも「後半」。
「前半」系だと2~3着の人気薄で、印だけで見て拾っておこっかな・・・で丁度良い感じ。

例年の傾向を見たし、コースも軽く眺めた。準備としてはOKでしょう。
「今まで起きた事」に拘り過ぎず、でも、しっかり頭に残しつつ、各馬を見ていく。

とは言え、もう3頭については触れてたりしますけれども。



続きを読む

京都記念

京都記念 過去成績

今年も例年通りの小頭数。
うん、例年通り・・・なんですね。
と言う事は、人気馬は勝たないし、結局上位に来るのは、京都大好き&適当に前に居る馬。
そんな結果も踏襲するでしょう。

人気では
t1
過去のオッズ順で並び替えて、上から見ていくと・・・ようやく17年のサトノクラウン、3番人気4.4倍で勝ち馬が出現。
人気のビッグネームがバンバン負ける。負けるどころかぶっ飛ぶ。あって3着。

着順別だと
t2
頭が荒れるレースですね。
そして、2着にも微妙な人気馬を連れてくる。
派手な印は無いものの「前半」上位が連対馬で目立つ部分。
2~3着には「HB・後半」上位。

過去のHBリストでも
t3

1・2列目のHB指数◎〇はずらっと2~3着。
3連単の2列目、3列目コースです。
勝ち馬が出るのは3番手以降だし、こんな小頭数でも2ブロック目か過去3回も勝ち馬が出る。
2ブロック目からであれば「前半」入りなのですが・・・今年はおらず。
2017・2014年のような決着を期待する年ですね。

今年の1ブロック目はこのように。
t4
前半1位は流石に印が偏りすぎなのか、2200mの外回りコースだけあって不振。
それよも下、出来れば「前半・後半」どちらも入っている手頃な所に期待です。
今年だと、5・ステイフーリッシュ、9・ノーブルマーズ。
あまり馬自体を比べる事はこのレースには求められていないので、騎手で見ると。

続きを読む

何はともあれ、HBリスト。
それは → ここで

先週の結果は
HBリスト 2/9(日)
HBリスト 2/8(土)

小倉の1Rはダートの100m。
それにつきましては

の通りです。
何故か西村淳也騎手は、ダ1000mの内枠(しかもほぼ人気薄)ばかり走るし、藤田菜七子騎手も「前半」印が入った時にしか好走せず。
2人同時に条件が揃うというのもアレですが、だったら・・・一緒に来て貰いましょ。
HBリストで見ると。

小倉1R

t1

6・ダンツクォーレも7・ゴッドカーヌスティも1ブロック目に入っており、「前半・後半」印もW。
1ブロック目内での決着が基本ですが、2ブロック目以降からも指数差が低ければ来る事はアリ。
そして、来るのであれば「前半・後半」印入り。
ここだと1・2ブロックの指数差は「5.1」と接近気味。
11・フィエールアシュパル、1・エオスモンは3連系なら入れておいた方が安心ですね。

西村淳也騎手に乗り替わり、内枠引けた、というプラス材料の多さで6・ダンツクォーレを上に。

◎6・ダンツクォーレ
〇7・ゴッドカーヌスティ
注2・シゲルハクチョウザ
注4・ブレイヴガール

残りの1番手と青線の馬達は、オッズ次第ですかね。
ごちゃごちゃ面倒であれば・・・もう6-7のワイド1点で良いんじゃないかな。

と、せっかくなので残りの小倉ダートも。
2Rは1700m。

開催ビューワ

開催ビューワで確認して見ると。
2/15日分

手順通り、1からやって行きますよ。

1・リンク先を開く

今回は小倉のダートを見るので、1回小倉の開催データを取得するところからスタート。
上部の「開催追加」ボタンを選択。
t1
2020年の小倉の「1回」を選択して、「閉じる」ボタンで過去の開催選択画面を閉じる。
t2
これでブラウザ上に、1回小倉の全成績が取り込まれました。

続きを読む

馬券で遊ぶなら…小倉でしょうね。
ダートは3連単で行けるし、芝はもう人気は関係ないです、寧ろ人気しているとダメなレベル。
HBリストで前半・後半順位と騎手名見ながらフィーリングでどうぞ。

京都11R きさらぎ賞

きさらぎ賞 過去成績

小頭数はいつもの事です。
それでも完全な人気決着は少ないし、1倍台になっていない1番人気も脆いし。
適度に荒れる。それ以外の決着なら…諦める。
そんな気持ちで臨みましょう。

t1
前走重賞好走組2頭からの選択を先に。
どちらも「詰脚」で「黄色・赤」を出してからの重賞参戦で圏内でした。
チョイチョイここで出てくる「黄色・赤」のパターンの話。
イメージとしては、先行して追い込み馬並みの脚を使った、とでも考えて下さいな。
まだレース数が少ない馬でも格上の存在だったり、連勝する前のスイッチが入った時なんかに出現する「詰脚」パターンです。
土曜日のエルフィンSを勝ったデアリングタクトもそう。
t2

5・グランレイ、8・アルジャンナは共にそのパターンを出しており、指数的にも似たような物。
で、あれば、他の要素で決めるしか無いですね。

・ディープインパクト
・池江厩舎
・川田将雅騎手

人気の通りですが8・アルジャンナの方が上です。
毎年毎年ディープインパクトが3着以内に入るレース。
…それ以上に、池江泰寿がこのレースで走り過ぎ!
出走したら好走がもうお約束です。

アルジャンナ以外にもノーザンFから前走新馬勝った馬が2頭。
t3
これまた優劣が着けづらい2頭です。
で、あれば、他の要素で決めるしか無いですね。

藤原英昭先生、お願いします!

続きを読む

↑このページのトップヘ