カテゴリ: 明日の競馬

よおし、年内ラストのJRA競馬。
いや、でも待って。年末は地方で沢山の競馬場が開催してるし、年末・年始はその作業が大。
それが一段落すると1月5日に金杯をやって、1日空けての3日間開催。
全然ゆっくり出来る状況じゃないわこれ。
大晦日の夜、というか元旦の早朝にでも、データ作成諸々終わった後に、初詣行く時間あれば良いな。

中山11R ホープフルS

ホープフルステークス 過去成績

ホープフルSは固定パターンだけれども、今年は違うかもという話。
まず例年だと。
・過去のHBリスト
t1
有馬記念と似た形です。
ほぼ1ブロック目以内、HB印入りの上位6頭内での決着。
2ブロック目前半で来た3頭の内、2頭は「後半印」入り。
だし、基本は「HB+後半印」の馬ばかりのレースです。

過去の1~3着馬だと。
t2
圏内の馬は3頭の除き、印は「HB+後半印」でした。
そこから漏れた馬も、2頭は後半印入り。
内枠だったり外国人騎手だったり、オプションが追加されると上に来る。

・・・というのが、普段のホープフルS。

でも、今年はちょっと違う部分がある。

続きを読む

中山11R 有馬記念

有馬記念 過去成績
有馬記念 過去成績2
有馬記念 過去成績3

↑で全部やってしまったので、枠番確定した時点でほぼ予想は終了ですね。

有馬記念はHB印入りでほぼ決まります。
t8
今年のHBリストを確定しておくと。
t2
基本、この1ブロック目以内。
t3

印はこのように。

◎9・イクイノックス
〇10・ジャスティンパレス
▲7・エフフォーリア
注13・タイトルホルダー
△2・イズジョーノキセキ

t4
以下は補足です。興味なければ、ハイブリッド指数印上位でまとめれば大丈夫かなと。

続きを読む

有馬記念は、どうですかね、決まりました?
有馬記念 過去成績3
僕はもうほぼほぼ決定。
後は…どう買おうかなって所です。今年も枠連メインでも良いかも知れない。

鮫島克駿騎手

明日の阪神には、鮫島克駿、岩田望来、坂井瑠星騎手の3人が同場で揃いました。
2場開催なので、そうなりますよねぇ。
現在の騎手リーディングは
t1
この若手3人は10位以内にランクイン。
岩田望来騎手は、明日の内に年間100勝達成しそう。
坂井瑠星騎手は、今年はG1を2勝。

鮫島克駿は…特に、そういうのは無し。
決定的に華が無い。それが1番の特徴。
故に、人気馬よりも、中位人気以降の時でこそだし、むしろ1番人気とか勝たない系。
それでいて10位、79勝なのだから、逆に凄いです。
この中で唯一の勝率1桁な分、100走以上多く乗って数を積んでいる。
今年は2歳のブンドールを新馬から乗っての重賞勝ち。
今後こういうパターンは、成績を維持していれば増えてきます。
また、ジャスティンパレスとトウシンマカオでは乗り替わり初戦で結果を出しました。
来年は福永祐一騎手が引退します。
その時に、今のポジションであれば、きっと馬も回って来るでしょうしね。

明日の騎乗馬は
t2
岩田望来、坂井瑠星騎手と比べると…落ちるのは仕方無い。
この中ならば、メインの阪神カップが1番「アリ」なゾーン。
中位人気辺りで、ずっと騎乗している馬で、何より阪神芝短距離のOPです。
騎手的にも超ストライクゾーン。
t3
ここ、上手く乗るのですよ。
掲示板はこの1年で外して無いし、人気でも勝てるし。

と言う事で、

阪神11R 阪神C

阪神カップ 過去成績

出走馬は

続きを読む

朝日杯FS

朝日杯フューチュリティステークス 過去成績

朝日杯FSについては週中にTwitterでほぼやってしまいました。
そこから枠番が出て、条件に合うのを拾うだけですね。

枠で1番現実的な数字を出すなら、1~3番人気の馬での結果。
t1

明らかに偏っている。
し、もう1つの指針として、内枠ならノーザンF馬以外でも何とかなる+ノーザンF馬の人気馬でも外枠アウト。
というように、もはやノーザンF馬は現象の判定にも使えたりしますね。

過去のこのレースとして枠は1番分かり易い指針です。
…ってターコイズSはダメでしたが。
一瞬、これは当たったかな…とも思ったのですが、馬群詰まりすぎると進路問題で枠の要素は下がります。
今回の朝日杯FSであれば、ここまで内外に分かれて逃げ馬が揃ったのであれば、内や2~3列目の馬がごちゃつくとか詰まるは無いかなと。
そこらは直線半ばでは片付いているはず。

と、朝日杯FS自体で考える事ってあまり無かったりするのですよ。
そもそも、馬券的な型も固定です。
t2
z1:1~3番人気の馬が3着以内に来た頭数
これが、2以下になる事が8年に1回。
残りの7回は、1~3着馬人気から1頭消せればOKというだけのレースでした。
替わりに、z3・z4から1頭がコンスタントに来るので、買える配当ではある。
これが朝日杯FSの定型。
面白味には欠けるけれども、今年もその方針で。

続きを読む

明日は中京でヤングジョッキーズのファイナルが行われます。
が…優勝する騎手は小林凌大騎手でほぼ確定。
金曜日の名古屋で既に2勝。
土曜日も…。


中京8Rでは3・エコルフリューゲルに騎乗。
HB◎で、ここでそれなりの着順取れば決まりでしょうね。

現在の順位とポイントは。
t3

中山11R ターコイズS

ターコイズステークス 過去成績

荒れる時と荒れ無い時の差が極端なレースです。
とは言え…こんな牝馬のハンデ戦、ハナから配当狙いに決まっているんですけどね。

ターコイズSの大枠でのポイントは2つ。

・関西馬
・内枠

過去を見てみましょ。

前走で芝のG1組、秋華賞・エリザベス女王杯組は何だかなんだで優秀。
t1
ほぼ関西馬に限る。
関西馬なら掲示板は外さず、タイム差もほぼ無しでの入線。

1つ下のG2だと。
t3
関西馬に限る。
また、後半印も必須となります。

このように、ハンデ戦ですがG1・G2重賞で走っていたという「格」は効く。
どちらも、着順はあまり関係無し。
出てれば良いんです。

過去の1~3着馬を枠番順で並び替えると。
t2
ほぼ4枠位内。
5枠以降だと、G1・G2組からと格の力が必要になりますね。

そんな格上の重賞組以外だと。
内枠の後半印上位、▲以上。
t4
そこそこ人気になる。

もう1パターンは。
t5
OPでタイム差も無しで、なんか印入ってたり、3歳だったりで、ソレっぽいなって馬。

  以上を踏まえて今年は。

続きを読む

明日は夕方には香港がありますね。
日本馬は2つくらいは勝ちそう。
香港Cとヴァーズ。
パンサラッサのような大逃げは香港だとなかなか無いので、きっと現地の方も楽しめるはず。

阪神11R 阪神JF

阪神ジュベナイルフィリーズ 過去成績

週中にTwitterの方だざっくりみました。

・HB印入りでの決着
・無印であれば、それは関東馬
・ちゃんとステップを踏んで来ている馬で、夏からの休み明け、2歳S系からの直行は厳しい

そして、枠が確定してオッズも出て今に至ると。

枠に関しては世間で言われている通りです。
t1
過去の1~3番人気馬の成績でもハッキリ出ている。
8枠死亡。
HB・後半◎が過去5回も入ってしまっている…人気馬殺しのピンクです。
今年もHB◎後半〇のラヴェルがここに入って、指数作っている方はホント、頭抱えております。
でも↑のように、8枠さえ引かなければ、ここで人気になるような馬は大丈夫。

前日時点で2番人気が17・ウンブライル、3番人気が18・ラヴェル。
2頭共に8枠です。
なので、5枠に入った1番人気の9・リバティアイランドは、その点で3着以内は大丈夫でしょう。

更に14・ブトンドールも7枠と外枠。
人気上位で後方からの馬達は大体外目の枠にはいりました。
こんな時に起きる現象が「推定前半3ハロン」からの勝ち馬。
レシステンシアの時にはリアアメリアが8枠。
メジャーエンブレムの時にはデンコウアンジュが8枠。
人気も指数も上位な差し馬が外枠にはいると、前半系の馬に順番が回ってきますね。

過去の阪神JFで、HB・前半印どちらも入った馬で、前走も重賞で走っていた馬は。
t2
こちらも8枠は流石にキツイものの、コンスタントに圏内に来ているし、内枠引ければ勝つまである。
阪神JF自体は後半系のレースです。
1番直結するアルテミスSからの馬で見ると。
t3
HB+後半印入りを枠番で並び替えたもの。
ここもやっぱり、8枠さえ回避出来れば崩れないし、基本勝ち馬はここですね。

続きを読む

福永祐一騎手が調教師になる事によって、競馬界への影響は諸々あります。
なにせ、コンスタントに毎年100勝以上を挙げてリーディング上位の騎手です。
そんなレベルの騎手が調教師になるのは…いつ以来だろ。
一応ビッグネームな騎手からだと、蛯名正義騎手がおりましたが、最後の方は年間10勝にも満たない勝ち数からの転向でした。
次に同じ位のインパクトがあるとすれば、川田将雅騎手が調教師へ…ですかね。
なるかどうかは分かりませんが。

また、現役の騎手への影響はそれなり。
年間約100勝が分配されますもの。

今年のリーディング表は
t1
この期間の福永祐一騎手を厩舎別に分類すると
t2
騎乗数、勝ち数共に上位は藤原英昭、友道康夫厩舎。
同様に、岩田望来騎手だと。, t3
所属している藤原英昭厩舎だ断トツですが、他でも結構福永祐一騎手と被っております。
1番馬が流れてくるのが、岩田望来騎手でしょうね。
また、それに伴って、坂井瑠星、鮫島克駿騎手へも恩恵はありそう。
関西の若手騎手にとっては、福永祐一騎手が抜ける事はカナリ大きなプラス。
良い流れです。という意味でも、ナイスタイミングでの調教師転向だったかなと。

中京11R 中日新聞杯

中日新聞杯 過去成績

昨年は大荒れ過ぎたハンデ戦ですが、例年は割と適当に取りやすい荒れ方をしているレース。
12月の開催になってからの1~3着馬だと。
t4
人気馬全部ぶっ飛びは無いです。
2頭きて、1頭が1桁人気後半という組み合わせ。
そのパターンが中心なのだけれども…人気馬1頭+2頭人気無いところを、が欲しいとは思う。頼む。
想定人気上位はこの3頭。
t5

続きを読む

自分で馬券を買わないのであれば、予想は楽なレースなのですけれども…。
人気順に挙げて終了ですよね。
今年はメンバーは弱いし、G1レベルの馬はテーオーケインズしかいないし。
でも、オッズ見たら、きっついなあ。
まあ、足掻いてみます。

中京11R チャンピオンズC

チャンピオンズカップ 過去成績

前走からのルートは割と固定。
地方G1の2つとJRAの重賞。
クリソベリルだけは特殊で、3歳、圧勝での船橋から。
t1
地方のG1、毎年競馬場は変わるけれどもJBCと盛岡のマイルとの大きな違いはローテ。
JBC組は中3~4週とタイトです。

JRAのダートでは秋の大本番。
地方含めてであれば、JBCと東京大賞典の狭間。
色々と違うし無理矢理感はあるけれど、天皇賞(秋)、JC、有馬記念のJCに当たる部分。
3つ勝てる馬はなかなかいないように、前走をみてもJCBで2~3着辺りに軽く負けてココ、というのが安定パターン。
この間隔でG1連勝はキツイです。
なので。
t2
毎年JBC勝ち馬がチャンピオンズCで凡走する。
これは芝のG1と同じ仕組みですよね。
単純に「JBC勝ち馬アカン」って言うよりも、その原因の方が重要だし、他で応用も利きます。

この反対が3歳馬。
t3
前走は勝って当然だし、それまでも連対なんか外したらダメなレベル。
ほぼほぼずっと連勝を続けてのここ。
古馬とは対決済みで、しかも勝っている。
と、求められるハードルは相当に高い。

それ以外、JBC組と3歳を除くと。
t4
人気で派手に負けております。ソレが良い。
でも、その前までに、何処かでしっかりG1級の結果は出していた馬達。
今年はこの美味しいゾーンに該当する馬が…おらず。

続きを読む

↑このページのトップヘ